ヒットは2回の2本だけ ワンチャンスを生かしてハンファが連敗脱出<韓国KBOリーグ>

決勝2点タイムリーのカン・ギョンハク(写真:ハンファイーグルス)

16日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

ハンファ生命イーグルスパークのハンファイーグルス-サムスンライオンズはハンファが3-2で勝利。

ハンファの3得点は2回裏、7番オ・ソンジン選手の左中間へのタイムリー二塁打と、2番カン・ギョンハク選手のライトへの2点タイムリーヒットによるもの。この回のハンファは3つの四死球でためたランナーを、2本のヒットでホームへ迎え入れました。

ハンファはこの試合、この2本のヒットだけでサムスンに勝利しています。ハンファの先発ワーウィック・サーポルト投手は6回3安打2失点で6勝目(9敗)。

敗れたサムスンの先発ウォン・テイン投手は2回を除き、無安打無得点で7回まで投げましたが敗戦投手になっています。

ハンファの連敗は4でストップ。サムスンの連勝も3で止まりました。

◆「インチョン、プサンも無観客に」

チャムシル、コチョク、スウォンの3球場が再び無観客試合に戻ったのに続き、インチョンも今週火曜日からの6連戦を無観客に。プサンサジク球場は8月中の試合で観客を入れないことを発表しました。政府による新型コロナウイルス感染拡大による、ソーシャルディスタンスの警戒段階引き上げを受けての決定です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

8月13日に登録抹消になっています。次の2軍戦は18日(火)のハンファイーグルス戦です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。17日は試合がありません。

◇8月16日(日)の結果

・トゥサン 1- 4 KT(チャムシル)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:ユ ヒグァン

・ハンファ 3- 2 サムスン(テジョン)

 勝:サーポルト

 敗:ウォン テイン

・KIA 8- 5 SK(クァンジュ)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:ピント

・ロッテ 3- 6 キウム(プサン)

 勝:キム サンス

 敗:チャン ウォンサム

・NC 5- 6 LG(チャンウォン)

 勝:イ ミンホ

 敗:チェ ソンヨン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。