最下位のハンファ、LG戦9連敗でストップ 今季10度目の対戦で初勝利<韓国KBOリーグ>

7回無失点でLG戦の連敗を止めたチャン・シファン(写真:ハンファイーグルス)

31日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場のLGツインズ-ハンファイーグルスは投手戦に。LGの先発ケイシー・ケリー投手は7回を投げて8安打を許すも、2回の犠牲フライの1点に抑えるピッチング。

一方、ハンファの先発チャン・シファン投手も7回を投げ、与えたヒットは4回の二塁打1本のみ。LG打線から8つの三振を奪い、無失点でマウンドを降りました。

ハンファは1-0で迎えた9回表、内野ゴロの間に1点を挙げて貴重な追加点。2-0として9回裏の守りを迎えます。

ハンファのマウンドは8回から登板の2番手チョン・ウラム投手。LGは1死から2番オ・ジファン選手がライトへの二塁打で出塁すると、3番チェ・ウンソン選手のセンター前ヒットで生還し、再び1点差としました。

ここでLGは4番キム・ヒョンス選手。この場面で一塁走者が暴投で二塁に進み、同点のランナーが得点圏に進みます。

そしてフルカウントとなった7球目。ここでキム・ヒョンス選手の打球は右方向への痛烈なライナーに。それをファーストのキム・テギュン選手がつかみ二塁へ送球し、飛び出した二塁走者がタッチアウト。ダブルプレーとなってハンファが2-1で逃げ切りました。

ハンファは今季LG戦に9連敗していましたが、10試合目で初勝利。LGの連勝は4でストップです。

ハンファの先発チャン・シファン投手は今季3勝目(6敗)を挙げています。

◆「手拍子応援が定着」

様々な制約の中、26日から観客を入れて試合が行われています。各球場、ホーム側の応援歌がスピーカーから流されていますが、ファンは声を発することなく、振りつけや手拍子のみで応援。そのスタイルが徐々に定着しているようです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

出場機会はありませんでした。試合は7-10でNCダイノスに逆転負けしています。トゥサンベアーズは4連敗で2位から3位に後退です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月31日(金)の結果

・LG 1- 2 ハンファ(チャムシル)

 勝:チャン シファン

 敗:ケリー

・KT 11- 1 SK(スウォン)

 勝:チョン ユス

 敗:ムン スンウォン

・サムスン 3- 10 キウム(テグ)

 勝:ハン ヒョンヒ

 敗:ライブリー

・ロッテ 2- 3 KIA(プサン)

 勝:ブルックス

 敗:ストレイリー

・NC 10- 7 トゥサン(チャンウォン)

 勝:イム ジョンホ

 敗:ハム ドクチュ

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。