球界唯一の200勝投手の次男、6年目で初出場/ロマック(元DeNA)サヨナラ弾<韓国KBOリーグ>

14年前のソン・ジンウ、ウヒョン父子(写真:ストライク・ゾーン)

21日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

トゥサンベアーズ-キウムヒーローズ(チャムシル)は6-1でトゥサンが勝利。この試合でキウムのソン・ウヒョン外野手がプロ初出場。8回表に代打で登場しセカンドゴロ。そのまま8番ライトに入り、9回表の2打席目はセンターフライでした。

プロ6年目でようやく1軍出場を果たしたソン・ウヒョン選手は、KBOリーグ歴代唯一の200勝投手(通算210勝)、ソン・ジンウ現ハンファコーチの次男。

上の写真は今から14年前の2006年8月22日、父ソン・ジンウ投手(写真左)が通算200勝まであと1つに迫り、先発登板した試合のもの。その日、当時9歳のソン・ウヒョン選手は始球式を務めました。

ソン・ウヒョン選手は3歳違いの兄もハンファの外野手としてプロ入りしましたが、1軍出場なく現役を引退しています。

プロ6年目で初出場のソン・ウヒョン(写真:キウムヒーローズ)
プロ6年目で初出場のソン・ウヒョン(写真:キウムヒーローズ)

◆「ロマックがサヨナラ2ラン。3球場でサヨナラ」

SKワイバーンズ-ロッテジャイアンツ(インチョン)は6-7でSKが1点を追う9回裏、4番のジェイミー・ロマック選手(元DeNA)がバックスクリーン左に9号2ランホームラン。SKは8-7としてサヨナラ勝ちを収めています。この日は5試合中、3試合がサヨナラゲームとなりました。

サヨナラ弾を放ってナインに迎えられるロマック(写真:SKワイバーンズ)
サヨナラ弾を放ってナインに迎えられるロマック(写真:SKワイバーンズ)

◆「7点差を追いついて、最後はサヨナラ勝ち」

KTウィズ-LGツインズ(スウォン)は1-8で7点を追うKTが、7回裏に一挙8点を挙げて逆転に成功。しかしKTは勝利目前の9回表2死フルカウントでLGのキム・ヨンウィ選手に同点ソロを喫し、9-9の同点となりました。

KTは迎えた9回裏、この回の先頭打者、3番のメル・ロハス選手がライトへ24号サヨナラソロホームラン。ホームラン王争いを独走するロハス選手のこの日2本目の一打で、KTが劇的な勝利を飾っています。敗れたLGの連勝は3でストップです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

9回表、4番キム・ジェファン選手に代わって、レフトの守備に入りました。試合は上記の通り、キウムに勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月21日(火)の結果

・トゥサン 6- 1 キウム(チャムシル)

 勝:アルカンタラ

 敗:ヨキッシュ

・SK 8- 7 ロッテ(インチョン)

 勝:キム セヒョン

 敗:キム ウォンジュン

・KT 10- 9 LG(スウォン)

 勝:キム ジェユン

 敗:ヨ ゴンウク

・ハンファ 2- 10 KIA(テジョン)

 勝:ギャニオン

 敗:キム ボムス

・NC 6- 5 サムスン(チャンウォン)

 勝:ウォン ジョンヒョン

 敗:キム ユンス

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。