38歳の李大浩、延長11回に決勝2ラン 今季初の2発5打点<韓国KBOリーグ>

イ・デホ(写真:ロッテジャイアンツ)

30日の韓国KBOリーグはKIAタイガース-ハンファイーグルス(クァンジュ)が雨で中止となり、4試合がナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークのNCダイノス-ロッテジャイアンツはゲーム終盤、両チームが点を取り合う一進一退の攻防に。

8-8で延長戦に突入し迎えた11回表。ロッテは無死一塁とすると、打席には4番イ・デホ選手(元オリックス、ソフトバンク)。イ・デホ選手は7回の4打席目に一時は逆転弾となった8号3ランを放っています。

イ・デホ選手はNCの7番手、左腕のカン・ユング投手が投じたカウント2-2からの7球目、甘く入ったカーブを逃さず、左中間スタンドへ運ぶ9号2ランホームラン。ロッテは10-8と勝ち越しに成功しました。

2点をリードしたロッテは10回途中から登板の11番手、カン・ドンホ投手が11回裏を三者凡退に抑えてゲームセット。ロッテが首位NCとの総力戦を制して、勝率を5割にしました。

決勝弾のイ・デホ選手は今季初の1試合2発。6月21日に38歳の誕生日を迎え、この日は38歳になって初の3安打とホームランでした。

◆「雨天中止も7月はダブルヘッダーなし」

中止になったKIA-ハンファは明日も両チームが対戦します。今季は新型コロナウイルスの影響により6月までは中止の翌日の同一カードの場合、ダブルヘッダーが組まれましたが、7、8月は暑さによる選手の負担を考え、ダブルヘッダーは実施しません。中止になったKIA-ハンファは10月7日にダブルヘッダーで行われます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

9回表1死一、二塁で7番チョン・スビン選手のところで代打で出場。セカンドゴロで一塁走者が二塁で封殺となりました。試合はキウムヒーローズに2-11で敗れています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇6月30日(火)の結果

・LG 4- 3 KT(チャムシル)

 勝:チェ ドンファン

 敗:キム ジェユン

・キウム 11- 2 トゥサン(コチョク)

 勝:イ スンホ

 敗:ユ ヒグァン

・サムスン 4- 1 SK(テグ)

 勝:チェ チェフン

 敗:パク チョンフン

・KIA 中 止 ハンファ(クァンジュ)

 勝:

 敗:

・NC 8- 10 ロッテ(チャンウォン)

 勝:カン ドンホ

 敗:カン ユング

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。