あと2人でノーヒットノーランを逃すも、30歳右腕が初完封でチームの連敗7で止める<韓国KBOリーグ>

チョン・チャンホン(写真:LGツインズ)

27日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

インチョンSK幸福ドリーム球場のSKワイバーンズ-LGツインズはLGの先発チョン・チャンホン投手が好投。8回までに出した走者は2回の2四球の2人のみでヒットを1本も許さず、3-0LGのリードで9回裏最後の守りを迎えました。

チョン・チャンホン投手はこの回の先頭打者から三振を奪い1アウト。ノーヒットノーラン達成までアウト2つに迫ります。

打順は1番に戻ってキム・ギョンホ選手。キム・ギョンホ選手は前に守ったサードとショートの間を抜くレフト前ヒットを放ち、SKはこの試合初安打。チョン・チャンホン投手の大記録達成とはなりませんでした。

SKは続く2番チェ・ジフン選手が初球にバントヒットを成功させ一、二塁に。続く3番チェ・ジョン選手もヒットで続いて1死満塁として、一打逆転のチャンスを作ります。

しかしチョン・チャンホン投手は4番のジェイミー・ロマック選手(元DeNA)を空振り三振。5番コ・ジョンウク選手をレフトフライに打ち取ってゲームセット。ノーヒットノーランは逃すも、9回115球を投げ被安打3、6つの三振を奪い、プロ13年目で初の完封勝利を飾りました。今季4勝目です。

低めへの安定したコントロールと、カーブを効果的に使って打者のタイミングを外したチョン・チャンホン投手の活躍で、LGは連敗を7で止めました。

◆「ノーヒットノーランは過去14例」

KBOリーグのノーヒットノーランは過去に14度記録されています。10番目に達成した2000年のソン・ジンウ投手(現ハンファコーチ)以後はしばらく出現せず、2014年以降に達成した4投手はいずれも外国人投手でした。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、6月3日以来の1軍登録。NCダイノス戦の8回裏、4番キム・ジェファン選手の代走として出場。この回、打順が一巡して回って来た打席では、3球連続ファールの後の4球目を打ってセンターフライでした。試合は12-3で勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇6月27日(土)の結果

・トゥサン 12- 3 NC(チャムシル)

 勝:ハム ドクチュ

 敗:ペ ジェファン

・キウム 2- 0 KIA(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:ヤン ヒョンジョン

・SK 0- 3 LG(インチョン)

 勝:チョン チャンホン

 敗:ピント

・ハンファ 2- 7 K(テジョン)

 勝:クエバス

 敗:キム ミンウ

・ロッテ 1- 6 サムスン(プサン)

 勝:ペク チョンヒョン

 敗:サンプソン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。