18連敗中のハンファ、降雨中断による「特別サスペンデッドゲーム」で記録の行方は明日に持ち越し

キム・テギュン(写真:ハンファイーグルス)

12日のトゥサンベアーズ戦に敗れて、連敗をKBOリーグ歴代ワーストタイとなる18としたハンファイーグルス。

(関連記事:リーグ35年ぶりの18連敗。ハンファが球界創成期のワースト記録に並ぶ

連敗脱出を目指した13日の同カードは、試合中に雨が降り続け、1時間半を超える2度の中断を挟んでも続行できず「サスペンデッドゲーム」となった。

試合はあす14日14時に、3-4でハンファが1点を追う3回裏無死から再開される。

今季のKBOリーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が遅れたため、過密日程を避けるための施策を立てた。その一つが「特別サスペンデッドゲーム」。試合成立前、降雨などにより続行が難しい場合はノーゲームにせず、翌日の同一カードで中断した時点から、ダブルヘッダーとして再開するというものだ。

(関連記事:新型コロナで過密日程でも雨中のずぶ濡れ試合はなし? 韓国KBOが「サスペンデッドゲーム」施策を発表

<13日の試合経過>

リーグワースト記録となる19連敗は避けたいハンファはこの日、初回に2点を先制されるもその裏にチームの顔、3番キム・テギュンがレフトに1号2ランを放ち、すぐさま2-2の同点に追いつく意地を見せた。

ハンファの先発はこの日がプロ初登板の高卒新人ハン・スンジュ。ハン・スンジュは2回に1番パク・コンウに2試合連続となる3号ソロアーチを喫し、2-3と再びリードを許して、1回2/3を投げて3失点で降板した。

その直後、試合は雨で1時間16分の中断。再開直後、ハンファの2番手投手イ・ヒョンホが、2番ホセ・フェルナンデスにこちらも2戦連続となる7号ソロを許して2-4に。ハンファは再び2点を追う展開となった。

2回裏、ハンファはこの日7番に入ったチームの次世代主砲ノ・シファンが、トゥサンの先発左腕ユ・ヒグァンからセンターバックスクリーンに4号ソロを放って、3-4の1点差に迫る。

追撃を進めたいハンファだったがその流れを雨が阻み、3回裏の攻撃途中に再び雨で中断。30分待った後に、サスペンデッドゲームが宣告された。

ハンファは不名誉な新記録達成を避けるべく、14日の試合で2日がかりでの連敗ストップを目指す。

◇ハンファの18連敗の記録

<1>5月23日 0- 3 NC(チャンウォン)

<2>5月24日 5- 10 NC(チャンウォン)

<3>5月26日 0- 3 LG(テジョン)

<4>5月27日 4- 15 LG(テジョン)

<5>5月28日 0- 3 LG(テジョン)

<6>5月29日 6- 8 SK(インチョン・SK)

<7>5月30日 3- 9 SK(インチョン・SK)

<8>5月31日 4- 6 SK(インチョン・SK)

<9>6月2日 3- 15 キウム(テジョン)

<10>6月3日 2- 6 キウム(テジョン)

<11>6月4日 3- 7 キウム(テジョン)

<12>6月5日 2- 13 NC(テジョン)

<13>6月6日 2- 14 NC(テジョン)

<14>6月7日 2- 8 NC(テジョン)

<15>6月9日 3- 9 ロッテ(プサン・サジク)

<16>6月10日 2- 12 ロッテ(プサン・サジク)

<17>6月11日 0- 5 ロッテ(プサン・サジク)

<18>6月12日 2- 5 トゥサン(テジョン)