元ヤクルト・ブキャナン3勝目 ハリボテ応援を背に受けてチームは4連勝<韓国KBOリーグ>

3勝目のブキャナンとスタンドに登場の「エアアバター」(写真:サムスンライオンズ)

30日の韓国KBOリーグは1試合が14時開始のデーゲーム、4試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ-NCダイノスは、サムスンが9-1で勝利。サムスンの先発デービッド・ブキャナン投手が3勝目(2敗)を挙げています。

この日のブキャナン投手はナックルカーブを多投。安定したコントロールを見せ、NC打線から凡打の山を築きました。7回105球を投げて被安打3、奪った三振は3つ。失点1に抑えています。サムスンは4連勝です。

野手では5番一塁のタイラー・サラディノ選手が3安打3打点。守備でもブキャナン投手を助けました。またブキャナン投手とバッテリーを組んだカン・ミンホ捕手が3、4号と2本のソロアーチを放っています。

この日のテグサムスンライオンズパークのホーム三塁側応援席には、「エアアバター」という空気で膨らませた人形が登場。男女様々なキャラクターの60体がプレーを見つめました。

グラウンドを見つめるエアアバター(写真:サムスンライオンズ)
グラウンドを見つめるエアアバター(写真:サムスンライオンズ)

サムスン球団によると明日のゲームでも設置し、反応が良ければ今後も続けるとのことです。無観客による公式戦が続く中、どの球団もオンライン応援や、スタンドにファンの顔写真設置、ぬいぐるみを球団に託して観客席に置いてもらう「身代わり応援」など、趣向を凝らしています。

チアリーダーと音楽に使った応援は通常通り。ファンはオンラインで応援に参加している(写真:サムスンライオンズ)
チアリーダーと音楽に使った応援は通常通り。ファンはオンラインで応援に参加している(写真:サムスンライオンズ)

◆「キウムの新助っ人打者、放出第1号に」

キウムヒーローズは30日、今季新加入のテイラー・モッター内野手をウエーバー公示申請したと発表しました。モッター内野手は10試合に出場し打率1割1分4厘、1本塁打、3打点。

降格したファームでは4試合連続アーチを記録するも、再昇格した一軍では結果を残すことができませんでした。モッター内野手は韓国に入国した夫人の2週間の隔離期間が経過し、一緒に過ごせるようになるも帰国の途につきます。

キウムは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、海外での選手調査が難しいことから、代替の外国人打者については既存のデータとネットワークを活用して模索するとしています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

3-3で迎えた8回表、4番キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に入りました。その裏、2死一、三塁で打順が回りましたが、キム・インテ選手が代打起用され退いています。

試合は延長11回裏、トゥサンベアーズが5-4でロッテジャイアンツにサヨナラ勝ちしました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月30日(土)の結果

・トゥサン 5- 4 ロッテ(チャムシル)

 勝:クォン ヒョク

 敗:ソン スンジュン

・キウム 14- 3 KT(コチョク)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:クエバス

・SK 9- 3 ハンファ(インチョン)

 勝:ピント

 敗:チャン シファン

・サムソン 9- 1 NC(テグ)

 勝:ブキャナン

 敗:ライト

・KIA 10- 6 LG(クァンジュ)

 勝:イ ミンウ

 敗:イム チャンギュ

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。