侍・稲葉監督も注視した新エース左腕が3勝目 0点台防御率をキープ<韓国KBOリーグ>

負けなしの3勝目を挙げたク・チャンモ(写真:NCダイノス)

26日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークのNCダイノス-キウムヒーローズは、ともに若き左腕エースが登場。NCがク・チャンモ投手、キウムはイ・スンホ投手が先発マウンドに上がりました。

どちらも得点を許したのは2回のみ。ク・チャンモ投手は7回を投げて被安打3、失点1。イ・スンホ投手は6回6安打4失点で、ク・チャンモ投手に軍配が上がりました。

ク・チャンモ投手は対戦した28人の打者のうち、13人の初球が見送りのストライク。低めに制球されたスライダーでカウントを稼ぎ、有利なカウントに持ち込んでいきました。

奪った三振は7つ。140キロ台後半の速球、ストライクゾーンからボールになるカーブで、打者のバットは空を切っていきました。

試合は7-2でNCが勝利し3連勝。首位のNCは貯金を12に伸ばしています。ク・チャンモ投手は負けなしの3勝目。4試合で29回を投げて与えた得点は2点、防御率はリーグ唯一の0点台の0.62でトップです。

◆「ク・チャンモを侍・稲葉監督も注視」

昨年9月に韓国視察を行った野球日本代表の稲葉篤紀監督は、滞在中に訪れた球場でこんな言葉を口にしました。「ク・チャンモは(韓国代表に)入ってきますか?」

ク・チャンモ投手は稲葉監督の初陣だった、24歳以下を中心とした大会、「アジアプロ野球チャンピオンシップ」で初めて代表入り。稲葉監督は昨秋のプレミア12でもク・チャンモ投手が代表入りするか、注視していました。

昨年のク・チャンモ投手は10勝7敗、プロ5年目で初の2けた勝利。当初、プレミア12の代表メンバーに入っていましたが、腰の疲労骨折により出場を辞退し、侍トップチームとの対戦には至りませんでした。

今年のク・チャンモ投手は昨季よりさらにレベルアップし、抜群の安定感を見せています。メジャーへ渡ったキム・グァンヒョン投手(前SK)に次ぐ、韓国を代表する左腕エースの風格も出てきました。

韓国は過去の国際大会で、左の先発投手がチームを勝利に導いています。次にその役割を担うのは23歳のク・チャンモ投手かもしれません。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

8回裏、タイムリー二塁打を放った4番キム・ジェファン選手の代走として出場。9回表からレフトに守備に入りました。試合はトゥサンベアーズが6-4でSKワイバーンズに逆転勝ちしています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月26日(火)の結果

・トゥサン 6- 4 SK(チャムシル)

 勝:クォン ヒョク

 敗:ソ ジンヨン

・KT 1- 4 KIA(スウォン)

 勝:ギャニオン

 敗:ペ ジェソン

・ハンファ 0- 3 LG(テジョン)

 勝:ウィルソン

 敗:キム イファン

・ロッテ 1- 0 サムスン(プサン)

 勝:ク スンミン

 敗:イ スンヒョン

・NC 7- 2 キウム(チャンウォン)

 勝:ク チャンモ

 敗:イ スンホ

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。