ロッテがお騒がせ右腕の復活投で勝利 イ・デホが決勝打を放つ<韓国KBOリーグ>

ノ・ギョンウン(写真:ロッテジャイアンツ)

16日の韓国KBOリーグはLGツインズ-キウムヒーローズのダブルヘッダーを含む、全6試合が行われました。

ハンファ生命イーグルスパークで14時から行われたハンファイーグルス-ロッテジャイアンツは5-1でロッテが勝利。ロッテの先発ノ・ギョンウン投手がハンファ打線に対し、多彩な変化球を使っての老練なピッチングを見せました。6回を投げて8安打1失点で今季初勝利を挙げています。

ノ・ギョンウン投手は2012年には12勝を挙げ、翌13年のWBCで代表入りの経験もある右腕。しかし4年前には突然の引退宣言、その後復帰し、昨年はFA契約がまとまらないまま、1年間所属チームなく過ごすなど、何かと話題を振りまいてきました。今季2試合目の登板となったこの日の投球は、復活を予感させる好投でした。

◆「好調イ・デホの技ありの決勝打」

この試合のロッテの決勝点は1-1で迎えた5回表、2死二塁での4番イ・デホ選手の二塁打。ハンファの先発ワーウィック・サーポルト投手が投じた、2ストライクからの低めのチェンジアップをライト線へ運ぶ、技ありの一打でした。

イ・デホ選手は開幕から10試合を終えたここまで、打率3割9分5厘と好調です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

5回表無死一塁の場面で1番パク・コンウ選手のところで代打で出場。KIAの先発ヤン・ヒョンジョン投手に対し、1ボールからの2球目をピッチャー返し。センターに抜けるかという打球をショートが好捕し、一塁走者が二塁で封殺となりました。その裏そのままライトの守備に入りました。

7回表2死の2打席目は三塁ゴロ、9回表1死一、二塁ではセンターフライでした。この日も守備では俊足を生かした好守を見せています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全6試合の結果です。

5月16日(土)の結果

・LG 3- 1 キウム(チャムシル)

<ダブルヘッダー1試合目>

 勝:ケリー

 敗:ブリガム

・LG 5- 3 キウム(チャムシル)

<ダブルヘッダー2試合目>

 勝:ヨ ゴンウク

 敗:ヤン ヒョン

・SK 1- 2 NC インチョン

 勝:ペ ジェファン

 敗:キム ジュオン

・KT 10- 4 サムスン(スウォン)

 勝:キム ミン

 敗:ユン ソンファン

・ハンファ 1- 5 ロッテ(テジョン)

 勝:ノ ギョンウン

 敗:サーポルト

・KIA 13- 4 トゥサン(クァンジュ)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:イ ヨンチャン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。