【プレミア12】韓国、再三のピンチをしのいでアメリカに勝利 ヤン・ヒョンジョンは6回途中1失点

試合後のスコアとハイタッチする韓国選手(写真:ストライク・ゾーン)

プレミア12のスーパーラウンドがスタート。オープニングラウンド3グループの上位2チーム、計6チームが参加し、同組以外の4チームと対戦するこのラウンドの初戦で、グループC1位の韓国はグループA2位のアメリカと対戦。5-1で勝利した。

韓国は中4日でヤン・ヒョンジョン(KIA)が先発。1回表、1死後に二塁打、四球、ヒットで満塁のピンチを招くも、5、6番から連続の空振り三振を奪い、危機を脱した。

するとその裏、韓国も2死一、二塁のチャンスを作ると、5番キム・ジェファン(トゥサン)がライトへ先制の3ランホームラン。韓国の今大会、チーム初めての一発で3-0とした。

アメリカ打線は毎回のようにランナーを出し、得点圏に進めるもホームが遠く、得点は6回表、ブレント・ロッカーのソロホームラン1本のみ。ヤン・ヒョンジョンは5回2/3を投げ10本のヒットを喫するも要所を締めて1点に抑えた。

韓国は7回に2番キム・ハソン、3番イ・ジョンフ(ともにキウム)の連続タイムリー二塁打で2点を追加。5-1としてリードを広げた。キム・ハソン、イ・ジョンフはこの日2人とも、3安打をマークした。

投手陣ではヤン・ヒョンジョンの後をイ・ヨンハ、イ・ヨンチャン(ともにトゥサン)、チョ・サンウ(キウム)が無失点でつなぎ、ゲームを締めている。

試合後、キム・ギョンムン監督は「1回にヤン・ヒョンジョンがピンチを抑えたことで流れがきた。そしてその裏、2死でキム・ジェファンにホームランが出て、監督として楽にゲームを進めることができた。試合前、記者たちとホームランが出たらいいなと話していたが、きょうの一発は2死で出たことに意味があった」と話した。

また3ランを放ったキム・ジェファンは「2死だったのでなんとか結果を出したかった。初球がボールでカウントが良かったので、(2球目に)積極的にスイングしたのが良かった」と振り返った。

この試合、3回裏のホームでのタッチプレーの際、韓国側のリクエストでリプレー検証が行われた。結果は韓国の走者、キム・ハソンがタッチアウトという判定だったが、映像ではノータッチに見えたことから判定を不服とする様子が韓国ベンチ、また観客からも見られた。

それについてキム・ギョンムン監督は「スポーツというのは下された結果を潔く認めるもの」として異議を唱えることはなかった。

韓国はこの日の勝利でオープニングラウンドから持ち越した成績を2勝0敗として、12日はZOZOマリンスタジアムで台湾と対戦する。先発投手はキム・グァンヒョン(SK)が予定されている。

◇11月11日(月)の結果

・プレミア12 スーパーラウンド

 メキシコ 2- 0 台湾(ZOZOマリン)

 勝:アルトゥーロ・レイエス

 敗:ジャン・シャオチン

 

 日本 3- 2 オーストラリア(ZOZOマリン)

 勝:甲斐野 央

 敗:ジョン・ケネディ

 韓国 5-1 アメリカ(東京ドーム)

 勝:ヤン・ヒョンジョン

 敗:コーディー・ポンセ

(関連項目)プレミア12 日程と結果 韓国代表選手一覧