20歳の外野手カン・ベクホ、最終戦で「二刀流」 最速149キロで1回無失点<韓国KBOリーグ>

初登板のカン・ベクホとスコアボード表示(写真:kt wiz、ストライク・ゾーン)

29日の韓国KBOリーグは4試合がデーゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークで行われたKTウィズ対サムスンライオンズは共に今季144試合目の最終戦。

この試合でKTは3本のアーチを放って7-0で快勝し、今季の成績を71勝71敗2引き分けとしました。KTは球団創設5年目で初の勝率5割。6位でシーズンを終えました。

KTはこの日、3番ライトで先発出場のカン・ベクホ選手が7回表、サムスンの8番から始まる攻撃で4番手投手としてプロ初登板。高卒2年目のカン・ベクホ選手は高校時代、投手と捕手の二刀流として活躍したため、この日は最終戦のファンサービスの一環としてマウンドに上がりました。

カン・ベクホ投手は先頭打者をバックの好捕でショートライナーに打ち取ると、四球一つを与えた後、ショートフライ、ファーストゴロに抑えて1回を無安打無失点。投じた14球はすべてストレートで最速は149キロを記録しました。

昨季の新人王のカン・ベクホ選手は今季116試合に出場し、現在リーグ5位の打率3割3分6厘をマーク。13本塁打、65打点を記録し、20歳ながら3番打者に定着し、チームの顔として活躍しています。

◆「同率1位の両チームは共に勝利」

同率1位で並ぶSKワイバーンズとトゥサンベアーズはどちらも勝って、同率1位を守りました。残り試合は両チームとも1試合です。

全日程を終えても両者同率の場合、直接対決を9勝7敗で勝ち越してトゥサンが1位となります。

またキウムヒーローズの3位が確定し、順位が決まっていないのは1、2位のみです。

以下が4試合の結果です。

◇9月29日(日)の結果

・LG 0- 3 トゥサン(チャムシル)

 勝:イ ヨンハ

 敗:イ ウチャン

・KT 7- 0 サムスン(スウォン)

 勝:キム ミンス

 敗:ユン ソンファン

・ハンファ 0- 2 SK(テジョン)

 勝:サンチェス

 敗:キム ジンヨン

・ロッテ 1- 4 キウム(プサン)

 勝:ブリガム

 敗:ソ ジュンウォン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。