“遅球左腕”が2失点完投のトゥサン 2位の座を取り戻す<韓国KBOリーグ>

完投で9勝目を挙げたユ・ヒグァン(写真:トゥサンベアーズ)

チュソク(秋夕)連休中の13日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

3位トゥサンベアーズと7位KIAタイガースの対戦は6-2でトゥサンが勝利。トゥサンの先発、左腕のユ・ヒグァン投手はKIA打線に対し、9回を投げ被安打7、失点2で完投勝利を飾りました。

ユ・ヒグァン投手は最速134キロのストレートと120キロ台のチェンジアップ、100キロ前後のカーブで打者を打ち取り、奪った三振は1つ。94球のうち70球がストライクゾーンへのボールという持ち前の制球力で凡打の山を築きました。

ユ・ヒグァン投手は今季9勝目。ストレートの平均球速は129キロというスローボールを武器に、2013年から続いている2けた勝利まであと1勝としました。

トゥサンが勝って、5連勝中だった2位のキウムヒーローズが敗れたため、トゥサンは再び2位に浮上。首位SKワイバーンズとのゲーム差は3.5、3位キウムとのゲーム差はありません。

敗れたKIAは先発のジョー・ウィーランド投手(元DeNA)が7回5失点で8勝10敗に。味方の守備のミスがあり自責点は3でした。

◆「キウム対LGは連日の熱戦」

キウムと4位のLGツインズの対戦はキウムが3-2でサヨナラ勝ちした前日に続き、この日も接戦。

0-0で進んだ試合は8回裏にキウムが1点を挙げて均衡を破ると、9回表、LGは2死二塁で6番カルロス・ペゲーロ選手(元楽天)がタイムリーを放って同点に。さらに二者を置いて8番代打のユ・ガンナム選手が3ランを左中間スタンドへ放り込み、4-1として勝ち越しました。

各チーム残り試合が十数試合前後となり、熱戦が続いています。

以下が全5試合の結果です。

◇9月13日(金・休)の結果

・トゥサン 6- 2 KIA(チャムシル)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:ウィーランド

・キウム 1- 4 LG(コチョク)

 勝:ソン ウンボム

 敗:オ ジュウォン

・KT 2- 5 NC(スウォン)

 勝:ルチンスキー

 敗:クエバス

・サムスン 4- 5 ハンファ(テグ)

 勝:シン ジョンラク

 敗:ウ ギュミン

・ロッテ 1- 0 SK(プサン)

 勝:パク セウン

 敗:パク チョンフン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。