ロッテ先発全員安打で大勝 3年目捕手も一発で勝利に貢献<韓国KBOリーグ>

3ランを放った捕手のナ・ジョンドク(写真:ロッテジャイアンツ)

15日の韓国KBOリーグは北部の2試合が雨天中止となって3試合が行われました。

プサンサジク球場のロッテジャイアンツ対ハンファイーグルスはロッテが11-5で大勝。ロッテは先発全員となる16安打を記録しました。

ロッテは2回に6番ミン・ビョンホン選手が6号2ラン、4回には4番のイ・デホ選手が14号ソロ。そして打率1割台中盤の8番ナ・ジョンドク選手が今季2号となる3ランを放ち、点差を広げました。

今季のロッテは主に3選手が捕手を務め、現在の登録は2人。その中で最も多くマスクをかぶっているのがナ・ジョンドク選手です。しかしロッテはバッテリーミスが多く、ここまでの暴投の数はリーグワーストの90に上ります(NPBのワーストは西武の49)。

ロッテは捕手への風当たりが強くなっている中で、この日はナ・ジョンドク選手がバットで勝利に貢献。ナ・ジョンドク選手は7月2日以来のヒットがホームランとなりました。

◆「最下位争い、ゲーム差が広がる」

9位ロッテが勝って10位のハンファが敗れたため、両チームのゲーム差は2.5に開きました。16日もプサンで両チームの対戦があります。

以下が3試合の結果です。

◇8月15日(木・休)の結果

・トゥサン 中 止 LG(チャムシル)

 勝:

 敗:

・キウム 4- 3 NC(コチョク)

 勝:キム サンス

 敗:カン ユング

・KT 中 止 サムスン(スウォン)

 勝:

 敗:

・KIA 6- 7 SK(クァンジュ)

 勝:ソーサ

 敗:イム ギヨン

・ロッテ 11- 5 ハンファ(プサン)

 勝:キム ゴングク

 敗:チャン ミンジェ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。