KIA、エースが完封 主砲が決勝弾。今季最短1時間59分の完璧ゲーム<韓国KBOリーグ>

決勝弾のチェ・ヒョンウと完封のヤン・ヒョンジョン(写真:KIAタイガース)

4日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドで行われたKIAタイガース対NCダイノスは1-0でKIAが勝利。16時59分に試合が始まり18時58分に試合が終わる、試合時間1時間59分の今季最短ゲームでした。

KIAの先発ヤン・ヒョンジョン投手は抜群のコントロールを見せ、9回99球を投げ、被安打2、7つの三振を奪って通算3度目の完封で今季12勝目を挙げました。

両チーム唯一の得点は4回裏にKIAの4番チェ・ヒョンウ選手が放った14号ソロホームラン。カウント3-0からNCの先発クリスチャン・フリードリック投手が投じたストレートを右中間に運びました。

チェ・ヒョンウ選手はこの一発が史上13人目の通算300号となっています。

一方、一発を喫したフリードリック投手ですが、失点はこの1点のみで被安打3。8回を一人で投げ切り好投しました。7月10日の入団以来、3試合に先発し3連勝でしたが、この日は味方の援護がなく初黒星となっています。NCは3連敗で6位に後退です。

◆「各球場、水まきイベントが盛ん」

8月に入り、各球場のスタンドではウォーターガンで応援席に大量の水を放出するイベントが行われています。近年の韓国の球場では夏の恒例行事です。

◇8月4日(日)の結果

・LG 1- 2 サムスン(チャムシル)

 勝:ユン ソンファン

 敗:ケリー

・キウム 3- 5 KT(コチョク)

 勝:キム ミンス

 敗:イ スンホ

・ハンファ 8- 2 SK(テジョン)

 勝:サーポルト

 敗:サンチェス

・KIA 1- 0 NC(クァンジュ)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:フリードリック

・ロッテ 9- 4 トゥサン(プサン)

 勝:チャン シファン

 敗:イ ヨンハ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。