ブリガム(元楽天)好投の2位キウム、サムスンに3タテで貯金20に<韓国KBOリーグ>

今季8勝目のジェイク・ブリガム(写真:キウムヒーローズ)

18日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームで行われたキウムヒーローズ対サムスンライオンズはキウムの先発ジェイク・ブリガム投手(元楽天)がサムスン打線を6回3安打1失点に抑えて、7月に入り自身負けなしの3連勝で今季8勝目を挙げました。

キウムは同一カード3連勝。59勝39敗の貯金20の2位という成績を残し、首位SKとは6.5ゲーム差でオールスターブレイクに突入しました。

キウムはチーム打率がリーグトップの2割8分3厘。打点はリーグ唯一の500点台(511)です。そのうちジェリー・サンズ選手が86打点を挙げリーグトップ。キム・ハソン選手が3位の72打点を記録しています。

◆「これまでより長いオールスターブレイク」

18日でオールスター戦前の公式戦が終了。19日のフューチャーズオールスター戦、20日のオールスター戦を挟んで、公式戦は来週26日(金)に再開します。

例年のオールスター休みは4日間でしたが、今年は7日間と長くなっています。これは、現場サイドからオールスター戦に出場した選手の休養と競技力向上のため、オールスター休みを伸ばして欲しいという要望があり、韓国野球委員会(KBO)が受け入れた形となっています。

各チームここまで90数試合を戦い、144試合中、3分の2を終えました。終盤戦もポストシーズン進出をかけた順位争いが続きます。

以下が全5試合の結果です。

◇7月18日(木)の結果

・トゥサン 4- 7 KT(チャムシル)

 勝:アルカンタラ

 敗:イ ヨンチャン

・キウム 5- 1 サムスン(コチョク)

 勝:ブリガム

 敗:ウォン テイン

・SK 5- 12 LG(インチョン)

 勝:チャ ウチャン

 敗:イ ウォンジュン

・ハンファ 4- 7 NC(チョンジュ)

 勝:フリードリック

 敗:アン ヨンミョン

・KIA 3- 6 ロッテ(クァンジュ)

 勝:ラリー

 敗:ヤン ヒョンジョン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。