ロッテ、サムスンのクラシックシリーズはイ・デホ(ロッテ)の先制打が決勝点に<韓国KBOリーグ>

両チームのチアリーダーもオールドユニフォームで共演(写真:サムスンライオンズ)

31日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

プサンサジク球場で行われたロッテジャイアンツサムスンライオンズは「クラシックシリーズ」と銘打ち、両チームがオールドユニフォームを着用して対戦しました。

1982年の球界発足以来、チーム名を変えていない両者のクラシックシリーズは2016年に初開催。今年は第1回を5月10日からサムスンの本拠地・テグでの3連戦で実施し、31日から6月2日まではホーム、ビジターを入れ替えて、プサンでの開催となりました。

試合は初回に4番イ・デホ選手のタイムリーなどで2点を挙げたロッテが、その後も得点を加えて逃げ切り、6-1で勝利しました。

先制タイムリーが決勝打となったイ・デホ(写真:ロッテジャイアンツ)
先制タイムリーが決勝打となったイ・デホ(写真:ロッテジャイアンツ)

以下が全5試合の結果です。

◇5月31日(金)の結果

・LG 3- 2 NC(チャムシル)

 勝:チャ ウチャン

 敗:チェ ソンヨン

・SK 2- 1 ハンファ(インチョン)

 勝:パク チョンフン

 敗:キム ミンウ

・KT 3- 2 トゥサン(スウォン)

 勝:チュ グォン

 敗:クォン ヒョク

・KIA 3- 2 キウム(クァンジュ)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:イ スンホ

・ロッテ 6- 1 サムスン(プサン)

 勝:キム ゴングク

 敗:ペク チョンヒョン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。