イ・デウン(元千葉ロッテ)8度目の登板でKBOリーグ初白星<韓国KBOリーグ>

初勝利後、同僚に水をかけられるイ・デウン(写真:kt wiz/初報から差し替え)

16日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドで行われたKIAタイガースKTウィズはKTが6-3で勝利。KTの先発イ・デウン投手は8度目の登板でKBOリーグでの初勝利を挙げました。イ・デウン投手の成績は1勝2敗です。

イ・デウン投手は6回96球を投げて被安打3。KIAを1点に抑えました。

一方のKT打線は3回に3番カン・ベクホ選手が2ランで先制すると、4回に6番ファン・ジェギュン選手、5回には4番・メル・ロハスJr選手がいずれも7号2ランを放ちイ・デウン投手を援護。勝利へと導きました。KTはKIA戦3タテを含む4連勝で9位から7位に浮上です。

敗れたKIAは現在最下位で試合前にキム・ギテ監督が成績不振を理由に辞意を表明。この試合が最後の指揮となりましたが、白星で締めくくることは出来ず6連敗です。KIAは明日からパク・フンシク2軍監督が監督代行を務めます。

(関連記事:KIAキム・ギテ監督、成績不振を理由に辞任 過去に巨人で2軍コーチなどを歴任

以下が全5試合の結果です。

◇5月16日(木)の結果

・トゥサン 4- 1 サムスン(チャムシル)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:ウォン テイン

・ハンファ 15- 6 キウム(テジョン)

 勝:チャン ミンジェ

 敗:アン ウジン

・KIA 3- 6 KT(クァンジュ)

 勝:イ デウン

 敗:ホン ゴンヒ

・ロッテ 2- 3 LG(プサン)

 勝:ケリー

 敗:キム ウォンジュン

・NC 5- 2 SK(チャンウォン)

 勝:チャン ヒョンシク

 敗:サンチェス

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。