NC、ロッテに3タテし首位に ロッテは先週の1イニング16失点以降6連敗<韓国KBOリーグ>

4連勝のNCナイン(写真:NCダイノス)

14日の韓国KBOリーグは全5試合が14時からのデーゲームで行われました。

チャンウォンNCパークで行われたNCダイノスロッテジャイアンツはNCが8-1で快勝。ロッテを3タテしました。NCは4連勝で単独首位に立っています。

一方の敗れたロッテは先週日曜日のハンファイーグルス戦、1イニング16失点での敗戦以降6連敗です。

(関連記事:打者二巡!1イニング16得点の新記録 ハンファがロッテ戦の3回に達成

NCは1回裏、6番クォン・ヒドン選手が2死満塁でレフトに2点タイムリーを放ち先制。その後3回に4番ヤン・ウィジ選手、5回には5番パク・ソクミン選手がそれぞれ5号ソロを放つなど追加点を重ねました。

NC投手陣は先発の高卒2年目左腕、キム・ヨンギュ投手が5回を無失点に抑え、今季4試合目の登板で3勝目を挙げました。

他球場ではKTウィズが、前日13日のサムスンライオンズ戦に先発登板したイ・デウン投手の登録を抹消しています。

(関連記事:イ・デウン(元千葉ロッテ)またも強運 降板後にチームリーダーが逆転V弾

以下が全5試合の結果です。

◇4月14日(日)の結果

・LG 0- 8 トゥサン(チャムシル)

 勝:イ ヨンハ

 敗:ペ ジェジュン

・キウム 2- 3 ハンファ(コチョク)

 勝:チョン ウラム

 敗:オ ジュウォン

・SK 2- 4 KIA(インチョン)

 勝:ホン ゴンヒ

 敗:ムン スンウォン

・サムスン 14- 12 KT(テグ)

 勝:チェ チェフン

 敗:キム ミン

・NC 8- 1 ロッテ(チャンウォン)

 勝:ソン スンジュン

 敗:キム ヨンギュ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。