キウム、初回イ・デホに3ラン喫するも、高卒2年目の巨漢の一発で勝利<韓国KBOリーグ>

7回裏、勝ち越しソロを放ったキム・スファン(写真:キウムヒーローズ)

15日の韓国KBOリーグのオープン戦は2試合が雨天中止となり、3試合が行われました。

(関連記事:卒業旅行シーズンにドームで8試合 オープン戦日程発表

コチョクスカイドームで行われたキウムヒーローズロッテジャイアンツの対戦はロッテが先制。1回表、1死一、三塁で4番のイ・デホ選手がレフトへオープン戦第1号の3ランホームランを放ち3点をリードしました。

キウムの先発キム・ドンジュン投手は初回に3点を許すも、その後はロッテ打線に得点を許さず、4回を投げ被安打5、失点3でマウンドを降りました。

3点を追うキウムは5回裏に2本の二塁打と相手投手の暴投で3-3の同点にすると、7回裏、途中守備から入ったキム・スファン選手がライトへ勝ち越しの1号ソロホームラン。この一発が決勝打となってキウムが勝利しました。

身長180センチ、体重100キロ、長距離砲として期待される高卒2年目のキム・スファン選手。昨季は一軍出場なく、この日の一打は首脳陣への大きなアピールとなりました。

以下が全3試合の結果です。

◇3月15日(金)のオープン戦

・キウム 4- 3 ロッテ(コチョク)

 勝:イ ボグン

 敗:ク スンミン

・LG 中 止 トゥサン(LGイチョン)

・ハンファ 2- 8 SK(テジョン)

 勝:ソ ジンヨン

 敗:ソン ウンボム

・サムスン 1- 3 NC(テグ)

 勝:ユン ガンミン

 敗:チェ チュンヨン

・KIA 中 止 KT(クァンジュ)

⇒ 2019年 韓国プロ野球オープン戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可と、スポーツ朝鮮からの記事協力を得ています。