元ロッテのイ・デウン、韓国初登板は4回5失点<韓国KBOリーグ>

KIAとのオープン戦でKBO初マウンドに上がったイ・デウン(写真:KTウィズ)

14日の韓国KBOリーグのオープン戦は全5試合が行われました。

(関連記事:卒業旅行シーズンにドームで8試合 オープン戦日程発表

クァンジュで行われたKIAタイガースKTウィズの対戦は、KTの先発マウンドにKBOリーグ初登板となるイ・デウン投手(29)が上がりました。

イ・デウン投手は初回にいきなり4連打で3点を喫するなど、4回を投げ、打者22人に対し被安打9、失点5という投球内容でした。試合は5-9でKTが敗れました。

米マイナーリーグから2015年に千葉ロッテ入りしたイ・デウン投手は、その年、主に先発として9勝を挙げ、11月のプレミア12では韓国代表として日本との準決勝で先発登板しました。韓国に帰国した2017年から約2年間は兵役に就き、その間は警察野球団に所属。2軍リーグでプレーしました。

(関連記事:「兵役中でも野球ができる」 国軍体育部隊・サンムの合格者決定

KTには昨年9月の新人ドラフトで自由指名の実質トップにあたる2次指名1ラウンドで選ばれ入団。イ・デウン投手は先発投手として期待されています。

以下が全5試合の結果です。

◇3月14日(木)のオープン戦

・キウム 8- 3 ロッテ(コチョク)

 勝:アン ウジン

 敗:トンプソン

・LG 2- 13 トゥサン(LGイチョン)

 勝:フランコフ

 敗:イム チャンギュ

・ハンファ 5- 3 SK(テジョン)

 勝:チャド・ベル

 敗:ダイクゾーン

・サムスン 4- 6 NC(テグ)

 勝:キム ヨンギュ

 敗:チェ チェフン

・KIA 9- 5 KT(クァンジュ)

 勝:ハ ジュンヨン

 敗:イ ジョンヒョク

⇒ 2019年 韓国プロ野球オープン戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可と、スポーツ朝鮮からの記事協力を得ています。