大物三塁手 FA契約後に金銭でキウムからLGへ移籍<韓国KBOリーグ>

キウムからLGに移籍のキム・ミンソン三塁手(写真:ストライク・ゾーン)

キウムヒーローズは5日、フリーエージェント(FA)権の行使を宣言後、未契約だったキム・ミンソン内野手(30)と契約金3億ウォン(約2,970万円)、年俸4億ウォン(約3,960万円)プラス出来高払いの3年契約を締結。その後、韓国野球委員会(KBO)の承認手続きを終え、LGツインズへのトレードを行ったと発表しました。

これは「サイン&トレード」と呼ばれる契約形態でLGは5億ウォン(約4,950万円)の金銭トレードでキム・ミンソン選手を獲得しています。

(関連記事:新球団はネット証券会社 「キウムヒーローズ」誕生。出陣式でユニフォームお披露目

キム・ミンソン選手は右の三塁手として2013年以降、6年続けて2けた本塁打を記録するなど、レギュラーとして出場を重ねています。14年のインチョンアジア大会では韓国代表として金メダルを獲得しました。

今回、キム・ミンソン選手が加わるLGはこの数年間、外国人選手にサードを任せる状況が続き、レギュラーを固定することができませんでした。

そんな中で昨季はヤン・ソクファン選手(27)がポジションを確保しましたが今年入隊。新たに加わった外国人野手、トミー・ジョセフ選手(27)は一塁手ということでサードの補強が必須でした。LGにとってキム・ミンソン選手はチームの弱点を埋める存在となります。

LGを率いるリュ・ジュンイル監督(55)は先日、「今年の助っ人は守備の負担が少ない一塁手だから打ってもらわないと困る」と話していました。しかしキム・ミンソン選手の加入によってジョセフ選手への過度な期待も軽減されます。また相手投手のLG打者陣へのマークが分散することも、好影響となりそうです。

LGのチャ・ミョンソク団長(日本におけるGM)はキム・ミンソン選手の獲得について、「我がチームのポジションの穴を埋められる選手として歓迎する。今回のトレードでチームの戦力アップを期待する」とコメントを発表しています。