36歳19年目のイ・デホ(ロッテ) 現役生活は「契約があるまでやるだけ」

沖縄キャンプでの打撃練習中、笑顔を見せるイ・デホ(写真:ストライク・ゾーン)

ロッテジャイアンツは台湾・高雄での1次キャンプを終え、26日から沖縄で2次キャンプをスタートさせた。そのロッテでひと際、存在感を放つのがプロ19年目、6月で37歳になるイ・デホだ。

2度の三冠王の実績を引っ提げて2012年に日本球界入り。オリックス、福岡ソフトバンクで計4年間プレーし、打点王、日本シリーズMVPも獲得した。16年には渡米しマリナーズでプレー。17年に古巣復帰し、ロッテとは4年契約を結んでいる。年俸25億ウォン(約2億4500万円)はリーグトップだ。

イ・デホは韓国に復帰した2年間で欠場したのはわずか2試合。2年続けて3割、30本、100打点を記録している。韓国での通算本塁打数は296本を数え、300本まであと4本に迫る。

イ・デホはキャンプでの調整について「これまでと同じ、毎年同じようにコンディション維持に努めている」と話し、大きな変化はなく表情は明るい。

30代後半、引き際を意識する年齢になった。しかしイ・デホの考え方はシンプルだ。「何かが出来なくなったら辞めるというのはない。今は来年(2020年)まで契約があるからそれまではやるということ」。

嘉手納球場で行われた練習でのフリー打撃。安定感のある打撃フォームと柔らかなバットさばきで、轟音を上げて米軍機が行き交う空に向け、鋭い打球が飛んでいく。その球質は他の打者とは明らかに違う。

「歳?視力?そういうのは感じない。もし視力が落ちたとしてもその中で打てばいいだけ」。そう話すイ・デホを見ているとこの先、5年、10年と打ち続けるのではないかと思ってしまう。

チームの顔であり4番のイ・デホ(写真:ストライク・ゾーン)
チームの顔であり4番のイ・デホ(写真:ストライク・ゾーン)

ロッテはイ・デホが復帰した17年は3位でポストシーズンに進出するも、昨季は上位を脅かすことなく7位でシーズンが終わった。その原因は駒不足の投手力にある。

「若手にいいピッチャーはいるんだけど10勝するような投手はいない。だから打線がバックアップしなければ」とイ・デホは言う。

チームはヤン・サンムン監督(前LG団長)が2005年以来のロッテ監督復帰。打線は衰えしらずのイ・デホを中心に役者は揃っている。あとは投手陣が守り抜ければ、イ・デホの笑顔は自然と増えるだろう。

ロッテが練習を行う嘉手納球場。ただ28日以降は沖縄各地での練習試合が中心となる(写真:ストライク・ゾーン)
ロッテが練習を行う嘉手納球場。ただ28日以降は沖縄各地での練習試合が中心となる(写真:ストライク・ゾーン)

(関連記事:12球団のキャンプ日程が出揃う 韓国球団との練習試合は23試合