リーチ マイケル、日本代表の年内活動見送りについて語る。【ラグビー旬な一問一答】

著者撮影

 2020年、ラグビー日本代表の活動はおこなわれない。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で6、7、11月のテストマッチ中止を余儀なくされた。改めて招かれた今秋のエイトネーションズも、準備状況の観点から参加を辞退した。約50名の候補選手が水面下でハードトレーニングを重ねていたものの、お披露目を前に一時解散となった。

 昨秋のワールドカップ日本大会では史上初の8強入り。しかし、2023年のフランス大会に向けたリスタートは切れずにいる。

 長らく同代表で主将を務めているリーチ マイケルはどう思うか。東芝が全体練習を報道陣に公開した9月14日、一部リモートでの共同会見で代表質問に答えた。

 ニュージーランド出身のリーチは、札幌山の手高校、東海大学を経て現在は東芝に所属する。日本代表としてはワールドカップで3大会連続出場中。そのうち2大会でキャプテンを務めている。

 以下、共同取材時の一問一答(編集箇所あり)。

――全体練習が再開されました。リーチ選手のコンディションは。

「手術に関しては、このコロナの自粛の時間を利用してあちこち治しました。東芝の(トップリーグ)開幕に向け、いいスタートを切れるよう頑張っていきたいと思います。東芝のスタートに関しては、この日を皆が待っていて、練習の質の高さを見る限り、開幕に向けていいスタートが切れていると思います」

――新型コロナウイルスへの危機管理などの観点から、2020年の日本代表の活動がなくなりました。受け止めは。

「どの国もイコールコンディション。自粛をしている間も選ばれた選手はハードな練習をしてきている。今年は代表活動がなくて残念ですけど、次は各チームがどう勝つかしっかり切り替えていると思います。選手はトップリーグに向けていい準備をするのが一番。僕も開幕に向けて、しっかりレベルアップをしていいスタートを切って、ジェイミー(・ジョセフヘッドコーチ)にいい印象を残していきたいです」

――手術の箇所と場所は。復帰めどは。

「どこを手術したか詳しいことは言えませんが、頭から足首まで(の間で)何個か手術をしてきました。(次の)トップリーグでは前よりはいい状態でプレーできると思います。ワールドカップ(日本大会)の時は60パーセントくらいの力でやったと思っています。あちこち治して、やっと100パーセントになる。開幕を楽しみにしています」

 リーチは日本大会を前に股関節を痛め、大会中も関係者曰く「治っていない」まま激戦に挑んでいた。

 取材後は、カメラクルーを背にしてリモートの画面を見る記者団の前へ現れる。写真撮影に応じ、現在の状態はと聞かれて「70パーセントくらい」と答えた。好タックル連発の日本大会時より好調、ということとなる。