ラグビー日本代表として2019年のワールドカップ日本大会で初の8強入りを果たしたアマナキ・レレイ・マフィは、2023年のフランス大会での優勝を目指すと誓った。その方法については、同じNTTコム所属のマルコム・マークスに聞きたいと発言する。マークスは日本大会王者の南アフリカ代表の一員。

 マフィが都内で話したのは11月29に都内であった同部主催の記者会見でのこと。内山浩文ゼネラルマネージャー(GM)、マークス、オーストラリア代表のクリスチャン・リアリーファノ、2名の新加入選手、すでに今季の入部を発表していた日本代表経験者の山田章仁と登壇し、思いを語った。

 以下、共同取材時の一問一答の一部(編集箇所あり)。

――これから有名な選手たちと一緒にプレーできる気持ちは。

「相手のチームとして戦うのはむっちゃ嫌だけど、同じチームになるのはありがたいですよね。やっぱり、リアリーファノはワールドクラスのゲームコントロールをするし、マークスもセットピースとブレイクダウン(接点)。2人のプレーヤーと一緒に戦うのは楽しみにしています。で、最後に山田さんがトライをして」

――ワールドカップで8強入り。

「私たち、ベスト8を目標。本当に凄いでかいこと。すごい嬉しくて周りの人たちもすごい喜んで。まぁでも、これから4年後の優勝を目指して、また頑張っていきたいと思っています。やっぱりベスト8になったおかげで『まだまだいけるな。私たち日本のラグビーも強くなりました』って気持ちもあって。これからもっと頑張りたいなと。全然、いけるなと思いますね」

――大会後のオフは。

「2015年の大会の後、ずっと1年ラグビーして、海外(イングランドのプレミアリーグへ挑戦)行って戻ってきて、トップリーグやって、代表やってスーパーラグビー(レベルズ、サンウルブズでプレー)やって、と、ずっとあまり全然休めなくて、(日本大会終了後)ほんまにやっと1か月くらい、僕の横にいるGMの内山(浩文)さんからもらいまして。やっと家でゆっくりひとりでベッドで8時間も…。こんな時間はなかったですよね。色んなところに行っても練習がないし、1回も(トレーニングを)やってないですよね。でも、筋肉はまだある。やっぱり、休むのはいいですよね!」

――4年後に向け、どう成長したいか。

「やっぱり優勝を目指すということ。考えるだけでもすごいタフ。でも、まだ時間があります。まだ4年あります。…こんな死ぬほど練習してベスト8になったって、どういう練習して1位になるか、ほんまにわかんないですよね。死ぬんじゃないですか? それは多分、マルコム・マークスに聞いたらわかるかもしれない! どんな練習をしたら、優勝できるのか」

 ワールドカップイヤーの日本代表は6月に宮崎で夜間練習も交えたタフなキャンプを実施。メンバー決定直前の8月も網走で走りまくった。そのためマフィは、優勝するにはさらなるハードワークが必要なのだとしたら、との意味で「死ぬんじゃないですか」と冗談交じりに言った。

 会見中、マークスにマフィの質問へ答えてもらうようなリクエストが飛んだ。マークスはこうだ。

「もちろん我々もトレーニングきついトレーニングをしてきましたが、正直に言うと、日本よりもきつい練習をしたとは思えません。日本代表もその力を世界に証明したと思います。どれだけたくさん練習したかより、チームがひとつのゴールに向かってどれだけまとまれるかに尽きるのではないでしょうか」

 話を総合すると、日本代表にとっての猛練習は、初の8強入りという「ゴール」に「向かってまとまれる」ための方法論だったと読み取れる。フランス大会で優勝という「ゴール」が設定されるのだとしたら、その「ゴール」に向かって「まとま」る術は大いに注目されよう。