「日本人選手が成功できないリーグ」だと、いわれていた。

確かに、リーガエスパニョーラは日本人選手にとって鬼門だった。城彰二、西澤明訓、中村俊輔、大久保嘉人、家長昭博、ハーフナー・マイク、清武弘嗣...。リーガ1部に挑戦した選手たちは、確固たる足跡を残せないままに、スペインを去ることになった。