大阪桐蔭が猛打で天理を圧倒!  近畿4強決まる!

大阪桐蔭が猛攻で天理にコールド勝ち。来春センバツへ大きく前進した(筆者撮影)

 展望記事で、実力ワンツーの大阪桐蔭天理(奈良)が、早々に準々決勝で当たる組み合わせになったこと。そして、唯一の連戦となる日程だということが今年の近畿大会のポイントだと書いた。まさにそれが大会の行方そのものにとどまらず、来春センバツ選考にまで大きな影響を及ぼす、意外な結果をもたらした。

天理先制も大阪桐蔭が見事な対応力

 試合は初回に天理が4番・瀬千皓(2年)の適時二塁打で大阪桐蔭先発の松浦慶斗(2年)から先制する。天理の達孝太(2年)は1、2回で早くも4三振を奪う絶好の立ち上がりを見せ、熱戦の予感が漂い始めた。

3ランを放ち、ホームへ向かう大阪桐蔭の宮下。この一発で大阪桐蔭が主導権を握った(筆者撮影)
3ランを放ち、ホームへ向かう大阪桐蔭の宮下。この一発で大阪桐蔭が主導権を握った(筆者撮影)

 しかし、大阪桐蔭の対応力は予想をはるかに超える。3回、2死1、2塁で2番・野間翔一郎(2年)の適時打で同点に追いつくと、続く3番・宮下隼輔(2年)が左中間へ豪快な勝ち越し3ランを放った。あっという間に主導権を握った大阪桐蔭は、松浦も立ち直り、2回からの4イニングをパーフェクトに抑える。

疲れ見える達に猛攻の大阪桐蔭

 5-1のまま後半に入って、6回のピンチを切り抜けた天理は、連打で好機を迎え、2番・堀内太陽(2年)の適時二塁打で2点差に詰め寄った。ここから試合が劇的に動く。7回、100球を超えた達は、2死まで簡単にこぎつけたが、宮下に内野安打を許すと、4番・池田陵真(2年=主将)にも打たれ失点。連投の疲れが隠せない達に、大阪桐蔭打線が畳みかける。この回だけで長短6安打を集中し、大量6点を奪った。天理もその裏、先頭からの3連打で無死満塁としたが、内野ゴロによる1点に終わり、11-4の7回コールドで大阪桐蔭が圧勝。昨秋の近畿決勝大敗の雪辱を果たした。

天理コールド負けはセンバツ選考に影響必至

 抽選によるトーナメントなので勝敗は必ずついて回るが、問題はその試合内容にある。センバツ選考において、最も重視されるのが「負け方」だ。近畿のセンバツ一般枠は「6」だから、準決勝まで勝ち残れば選出漏れすることはまずない。当落線上となる準々決勝敗退の4校について、試合内容を吟味するのだが、過去の選考過程を顧みると、準々決勝コールド敗退が極めて重要な意味を持つことがわかる。初戦を突破した実績がすべて消し去られ、涙をのんだチームがいくつあったことか。だからこそ、勝敗以上に天理のコールド負けには大きな意味がある。例えば、この試合が準決勝であったなら、コールド決着でも選出順位が変わるくらいで済む。達が連投にならないような日程なら、終盤、あれだけ連打を浴びることもなかっただろう。これが冒頭の今大会のポイントだったのだ。だからと言って、これで天理がセンバツアウトと決まったわけではない。まだ大会は続いている。

市和歌山の小園は完封進撃

 さて、第1試合では市和歌山智弁和歌山の同県対決があった。初回に2つの押し出し四死球で2点を先制した市和歌山が、エース・小園健太(2年)の4安打完封劇で2-0と快勝し、和歌山大会から智弁に3連勝とした。

ピンチを切り抜け喜ぶ市和歌山の小園(左)と松川虎生(2年=主将)のバッテリー。中学時代(大阪・貝塚ヤング)からのコンビで、「松川に誘われて市和歌山へ進学した」と小園(筆者撮影)
ピンチを切り抜け喜ぶ市和歌山の小園(左)と松川虎生(2年=主将)のバッテリー。中学時代(大阪・貝塚ヤング)からのコンビで、「松川に誘われて市和歌山へ進学した」と小園(筆者撮影)

 これで市和歌山のセンバツ出場は確実となり、小園は注目投手として全国の強豪から目標にされることになる。この日は手の内を知られている相手で三振は4つにとどまったが、小園は、「自分の持っているものをすべて出すつもりで投げた。今までで一番の投球」と胸を張った。半田真一監督(40)も、「調子が良かったし気持ちも入っていた」と手放しで喜んだ。攻撃面で援護しきれていない課題はあるが、ここ一番での堅守が、エースを支える。6回、流れが変わりそうな場面で見せた二塁手・杉本明弘(2年)の横っ飛びの美技は、エースを援護して余りあるビッグプレーだった。

「国際対決」は京都が競り勝つ

 京都国際神戸国際大付(兵庫)の「国際対決」は、最後まで目の離せない熱戦となった。初戦3安打2失点完投のエース・阪上翔也(2年)が、右ひじのじん帯炎症で登板できなかった神戸が、控え投手の不調で2回までに6点を失う意外な展開に。

京都国際の森下は気力の投球で1点差を守り切った。控えの2年生が1年生の主力選手を支えるチーム構成で、小牧監督は、「勝ちたいという気持ちが伝わってくるチーム」と評する(筆者撮影)
京都国際の森下は気力の投球で1点差を守り切った。控えの2年生が1年生の主力選手を支えるチーム構成で、小牧監督は、「勝ちたいという気持ちが伝わってくるチーム」と評する(筆者撮影)

 京都はエース左腕の森下瑠大(1年)が、粘りの投球で序盤のリードを懸命に守る。神戸に1点差まで詰め寄られた9回裏も、2死から1、3塁と攻め込まれたが、最後は森下が気力で投げ切り、6-5で競り勝った。159球の熱投が報われた森下は、「最後まで気持ちを切らさずに投げられた。甲子園が懸かっている試合だったのでプレッシャーもあった」と振り返り、小牧憲継監督(37)も、「8月の練習試合ではコールド負けしていた相手。開き直るしかないと思っていた。森下はああいう場面に強い」と余韻に浸っていた。この勝利で、初の甲子園を大きく手繰り寄せたことは間違いない。

予断許さぬセンバツ選考

 これで準決勝は、智弁学園(奈良)-市和歌山、京都国際-大阪桐蔭の対戦となるが、先述のように、この4校のセンバツ出場は確実と言っていい。あとは8強組から、最終回に1点差まで詰め寄った神戸国際大付が、試合内容とエース阪上の高評価で浮上するだろう。残る1枠は、このあとの勝ち上がりも微妙に絡んでくるため予断を許さない。大会が終わってから、再考したいと思っている。