中国の警察は、頻発してきた女性や子供の誘拐に対する捜査を強化している。そうした中、6年前におきた12歳の少女の誘拐事件にかかわった63歳の女が自首した。被害者の少女は、誘拐された後、未成年ながら複数の男に“妻”として転売され性行為の対象となっていた。

12歳の少女が誘拐された挙句...

 広西省チワン族自治区玉林市の警察によると、5月11日、6年前の少女誘拐事件の容疑者で、これまで身を潜めていた63歳の女、劉上英が自首した。中国の警察は、その5日前の5月6日、重大な女性や子供の誘拐事件の容疑者として6名を公開指名手配したが、劉はその1人だった。

 劉がかかわったのは、6年前の2016年5月に起きた、当時12歳の少女の誘拐。この誘拐に関与し、すでに判決が出された者もおり、裁判資料で事件の経緯が明かされている。  

 少女は広西省チワン族自治区の玉林市内で誘拐され、隣接する広東省に連れて行かれた。そして当時30歳の男、林国省が“妻”として少女を買い取る。この売買にかかわったのが今回自首した女、劉。林は劉と別の協力者に1万千元(約19万2千円。当時のおおよそのレート1元=16円で計算。以下同様)を払い、少女を買ったという。林は少女が未成年と知りながら性行為に及んだ。

 少女の悲惨な境遇はこれでは終わらなかった。

未成年の“妻”が次々と男たちに...

 林は、その1か月後の6月、仲介者に紹介された別の男、当時33歳の黄先鋭に“妻”であったはずの少女を売ってしまう。値段は自分の買い値より高い1万5千元(約24万円)。黄もやはり少女を“妻”として買い取り、少女が未成年と知りながら性行為の対象とした。

 さらに3か月後。黄が少女を「売りたい」と考えているのを知った人物が、別の3人を使って“買い主”を探させた。その1人が“買い主”を見つけ、レストランにその“買い主”の男を連れてきた。黄は少女をその男に1万元(約16万円)で売ってしまったという。

 以上は裁判資料に記された事件の概要だが、何より一連の経緯にかかわった人物の多さに驚かされる。少女を“妻”として買った男だけでも3人、自首した劉や上に触れなかった仲介者なども合わせると10人以上の関係者が登場する。

人身売買は今も...

 中国では特に農村で、男の子の後継や妻を買うことが平然と行われていた事実がある。過去にはそうした悪習を真正面から取り上げて、問題提起した映画なども作られたが、今回の事件の一連の経緯にかかわった者の数の多さは、女性や子供の誘拐とそれに伴う人身売買が、一部の社会や人々の中でいまだ一掃され切っていない現実を仄めかす。

 12歳の少女が誘拐された挙句、複数の男に転売されたこの事件。自首した劉の取り調べはこれからだが、少女を“妻”として買った2人の男、林国省と黄先鋭については、すでに裁判も終わっており、いずれも児童誘拐の罪で、懲役10年、政治的権利剥奪1年、罰金2万元(約32万円)の有罪判決が下されている。