4日(水)、沖縄地方が梅雨入りしました。平年より6日早く、去年より1日早い梅雨入りです。

奄美地方も5日(木)に梅雨入りする可能性が高そうです(下図参照)。

5日(木)に奄美地方が梅雨入りしたとすると、こちらも平年より1週間早い梅雨入りということになります。

画像 ウェザーマップ
画像 ウェザーマップ

その他の地方の梅雨入りは?

タイトル画像は平年の梅雨入りを示した図です。

九州南部は5月30日ごろ、近畿や東海は6月6日ごろ、関東甲信は6月7日ごろとなっています。

沖縄付近にある梅雨前線は世代交代しながら1ヶ月かけて北上するため、平年ですと、沖縄の梅雨入りから約1ヶ月後に本州付近は梅雨入りとなります。

では今年の梅雨入りはいつになるのでしょうか?

梅雨入りの予想はしていないので、はっきりとは言えませんが、ことしは早くなるかもしれません。

ことしの梅雨入りは早い可能性

画像 気象庁 1カ月予報解説資料より一部抜粋し文字を筆者加工
画像 気象庁 1カ月予報解説資料より一部抜粋し文字を筆者加工

上図は1か月予報の海面気圧を示したものです。

太平洋高気圧の軸は、日本の南の海上にあります。

一方、本州の南の海上は相対的に気圧が低く、点線は前線に対応しています。

これらのことから5月はゴールデンウィークが明けたあと、東日本と西日本は前線が停滞しやすくなりそうです。

降水量は東日本と西日本で平年並みか多くなり、晴れの日がいつもより少ないでしょう。

画像 ウェザーマップ
画像 ウェザーマップ

前線がいつもより早く北上し、この先は曇りや雨の日が多くなりそうですが、ただ、梅雨入りの日の平年値とかけ離れていると「梅雨のはしり」ともとれます。

画像 ウェザーマップ
画像 ウェザーマップ

ちなみに、去年は九州北部、九州南部で5月11日に梅雨入りし、記録的に早くなりました。

10日間予報を見ると、九州は来週、曇りや雨の日が多いものの、晴れ間もありそうなので、来週中の梅雨入りはいまのところ無さそうです。

東京など関東も来週は晴れる日が少なくなりそうですが、再来週は再び晴れる予想なので、来週後半の雨は「梅雨のはしり」と言えるでしょう。

ちなみに、梅雨入りに明確な定義はなく、気象庁の週間予報の担当の方が決めるので、実のところなんとも言えません。

しかし、この先、前線が南の海上に停滞しやすくなり、五月晴れの日が少なくなる可能性は高そうです。

晴れた日には布団干しや、シーツなど大物を洗濯するなど、晴れ間を有効に使うと良いでしょう。

風薫る5月、いつもより日照は少ないかもしれないけれど、晴れた日には新緑を楽しみたいものです。