17日(金)までに温帯低気圧へ

15日(水)、台風14号は、九州の西でほとんど停滞しています。ただ、16日(木)以降は、上空の強い西風、偏西風帯が南下してくるため、この風に乗り、動き始めます。偏西風帯が南下してくるということは、北にある冷たい空気も南下してきます。そうなると、北からの冷たい空気と南からの暖かい空気がぶつかって、17日(金)前半までには台風は温帯低気圧に変わる見込みです。

温帯低気圧による強風・大雨警戒

温帯低気圧に変わっても、強い雨や風をもたらす力はもっているので警戒が必要です。スケールが大きくなるので、広範囲に強い風が吹くでしょう。更に低気圧として再発達するため17日(金)から18日(土)は全国的に荒天のおそれがあります。

低気圧接近のタイミング

西日本では、17日(金)から18日(土)の朝。東日本と北日本は18日(土)未明から昼過ぎになりそうです。温帯低気圧に変わると、急にスピードアップし、雨、風が急に強まるおそれがあります。備えは早めにするようにしてください。

雨と風の予想

画像提供 ウェザーマップ 
画像提供 ウェザーマップ 

画像提供 ウェザーマップ
画像提供 ウェザーマップ

画像提供 ウェザーマップ
画像提供 ウェザーマップ

温帯低気圧による雨と風のピークは、西日本では17日(金)の午後から18日(土)の朝。東日本と北日本では18日(土)朝から昼過ぎとなりそうです。

予想降水量

画像提供 ウェザーマップ
画像提供 ウェザーマップ

18日(土)にかけて、予想される降水量は、東海や四国の太平洋側で200ミリを超える所もありそうです。

北日本でも150ミリ以上降る所があるでしょう。

今のうちに避難場所や、避難経路を確認し、気象情報、自治体からの情報にも気をつけてください。