初代女流名人・蛸島彰子女流六段「(里見香奈女流四冠が編入試験を受けると聞いて)そうでしたか・・・。聞いたこちらの方が緊張してきました(笑)。どうお答えしたらいいのでしょう。本当に素晴らしい。本当に応援したいです。1か月前、里見さんが棋士編入試験を受けられる成績を取られたとき、将棋を指す女性がまた一歩階段を上ったような気がしていました。それから試験を受けるか受けないかは、里見さんご自身が決められることでした。どちらを選ばれても、その進まれる道を応援したいと思っていました。里見さんは常に前向きにものごとを考えて進んでいかれる。素晴らしいですよね。それをまず感じました。女流棋士制度が発足して、そろそろ五十年になります。その前から『将来、女性は棋士になれると思うか』と尋ねられた際には『はい、限界はないと思います』とお答えしていました。それからの五十年はあっという間な気もするし、長かったような気もします。でも、五十年前に思ってお答えしたことは、いまでも変わりません。それがだんだん現実に近づいてって、うれしいですよね。結果よりも、前向きになって進んでいくことが大切だと思います。里見さんは常に『将棋を強くなるために』っていう発言をされてらっしゃいますからね。『好きな将棋を一生懸命やりたい』という言葉が、とても印象に残っています。私はいまでも、里見さんの棋譜を見て勉強しています。里見さんが楽しんで真剣に指される将棋を観戦できるのは、私も楽しみです。里見さんが願われているように、静かに見守りたいと思います」(蛸島女流六段・談)