6月28日・29日。愛知県犬山市・ホテルインディゴ犬山有楽苑において第63期お~いお茶杯王位戦七番勝負第1局、藤井聡太王位(19歳)-豊島将之九段(32歳)戦がおこなわれます。棋譜は公式ページをご覧ください。

 豊島九段はリーグ紅組で優勝。挑戦者決定戦では池永天志五段に勝って、2年連続で挑戦権を獲得しました。

 前期王位戦七番勝負では、藤井王位が4勝1敗で豊島挑戦者を退けて、防衛を果たしています。

 昨年度は王位戦、叡王戦、竜王戦と3回のタイトル戦でぶつかり合った両者。結果はすべて藤井王位の制するところとなりました。

 王位戦は持ち時間8時間の2日制です。藤井王位はタイトル戦で過去に4回、七番勝負に登場し、16勝1敗(勝率0.941)という恐るべき成績を収めています。

 どんな条件でも強い藤井王位ですが、持ち時間が長くなれば、さらにその実力を発揮するようです。

 両者の過去の対戦成績は藤井13勝、豊島10勝です。

 対戦成績で逆転され、さらには無冠に追い込まれてしまった豊島九段。このシリーズで巻き返しなるでしょうか。

 藤井王位、豊島九段はともに居飛車党。これまでの戦型は、ほぼ相掛かりと角換わりです。これまでと同様、現代最前線での戦いが見られるでしょう。