2021年度の将棋界は終盤戦を迎えています。記録ウォッチャーにとっては、各部門の動向も気になるところです。

 今年度も勝ちまくった藤井聡太竜王(19歳)。直近の朝日杯では永瀬拓矢王座に敗れて2回戦敗退となりましたが、通算成績はここまで47勝12敗。圧倒的な成績を収めています。

 藤井竜王は対局数、勝数、連勝(19連勝)の3部門で1位を占めています。

 唯一1位ではない勝率は0.797。もちろん、大変なハイアベレージではあります。しかし年度途中まで期待されていた史上最高勝率(0.855)の更新は、残りの対局数を考えると不可能となりました。

 藤井現竜王はフルシーズン参戦の2017年度以来、4年度連続で勝率1位となりました。これはレジェンド羽生善治現九段(51歳)に並ぶ記録です。

 また藤井現竜王は史上初めて、4年連続で8割以上の勝率をあげています。

 これらの記録がさらに伸ばされるかどうかも注目ポイントでしょう。

 勝率部門で現在トップを走っているのは伊藤匠四段(19歳)です。

 今年度成績は36勝7敗(勝率0.837)。歴代上位をうかがう高勝率です。

 現在は12連勝中の伊藤四段。ここからどこまで快進撃を続けることができるでしょうか。