12月2日。東京、大阪の将棋会館においてB級1組順位戦9回戦、一斉対局がおこなわれます。対戦カードは以下の通りです。(▲=先手、△=後手)

【東京】

▲佐々木勇気七段(7勝0敗)-△屋敷 伸之九段(3勝5敗)

▲千田 翔太七段(6勝2敗)-△三浦 弘行九段(4勝3敗)

△横山 泰明七段(4勝4敗)-▲松尾  歩八段(1勝6敗)

▲郷田 真隆九段(3勝4敗)-△阿久津主税八段(2勝5敗)

【大阪】

△藤井 聡太竜王(7勝1敗)-▲近藤 誠也七段(2勝5敗)

▲木村 一基九段(2勝5敗)-△久保 利明九段(2勝5敗)

※稲葉  陽八段(5勝3敗)=空き番

 A級への昇級争いでトップを走るのは佐々木勇気七段(27歳)。B級1組で7戦全勝中です。

 佐々木七段は前期B級2組1回戦で藤井聡太七段(当時)に敗れて以後は勝ち続け、現在順位戦で通算16連勝中でもあります。

 過去にB級1組順位戦で12戦全勝を達成した棋士は丸山忠久現九段と渡辺明名人の2人しかいません。佐々木七段はその記録達成の期待もかかります。

 佐々木七段はA級6期の実績を持つ難敵・屋敷伸之九段(49歳)と対戦します。

 両者は過去に4回対戦し、屋敷九段が4連勝しています。

 2019年銀河戦では屋敷九段先手戦型は角換わり。結果は133手で屋敷九段の勝ちでした。(棋譜はこちらで公開されています)

 今年9月4日におこなわれたABEMAトーナメント準決勝(非公式戦)では両者は2回対戦しました。

 いずれも佐々木七段先手で、戦型はいずれも角換わり。結果は佐々木七段が2連勝しています。

 佐々木七段に次いで現在2番手の藤井聡太竜王(19歳)は近藤誠也七段(25歳)と対戦します。