将棋界の記録4部門(対局数、勝数、勝率、連勝)。現在は藤井聡太三冠(19歳)が35勝6敗(勝率0.854、前年度からの継続で19連勝)で全部門独走を続けています。

 年間勝率は現在、史上最高記録をうかがうペースです。

 現在進行中の竜王戦七番勝負や王将戦リーグなどの他、10月31日放映のNHK杯2回戦(収録日未発表)、11月18日放映の銀河戦1回戦(収録日7月27日)など、テレビ棋戦の結果もまた注目されるところです。

 現在の藤井三冠は例外的ですが、一般的に記録4部門は、クラスは下ながら実力の高い若手棋士がその名を多くつらねます。

 現在のランキングの中でピックアップすると、服部慎一郎四段(22歳)、伊藤匠四段(19歳)などが好調です。

 服部四段は今年度24勝6敗(勝率0.800、9連勝)。最近では加古川青流戦で優勝しています。

 現役最年少の伊藤四段は今年度23勝7敗(勝率0.767、10連勝)。最近では新人王戦で優勝しています。

 現役のタイトル獲得経験者のうち、最年少は藤井三冠(19歳)。その上は高見泰地七段と斎藤慎太郎八段(いずれも28歳)。いずれその間の世代からタイトル獲得者も現れるのでしょうか。

 さて、若手優位の記録部門の中にあって、ただ一人、五十代でランクインしている棋士がいます。それが佐藤康光九段(52歳)です。

 佐藤九段は今年度15勝5敗(勝率0.750)。連勝することを「棒に勝つ」といいますが、佐藤九段は丸太を振り回すかのような豪快な指し回しで、現在は8番を棒に勝っているところです。日本将棋連盟会長として重責をにない、激務をこなしながらこの成績は、驚異的と言うよりありません。

 王座戦挑決では惜しくも敗れた佐藤九段。現在は棋王戦でベスト4に進出しています。