10月21日。東京・将棋会館と大阪・関西将棋会館においてB級1組7回戦の5局がおこなわれました。

 ▲千田翔太七段(27歳)-△稲葉陽八段(33歳)戦は大阪での対局で、戦型は角換わり腰掛銀。途中からは千田七段の攻めを稲葉八段が延々と受け続ける展開になりました。

 やがて稲葉玉は上部が開け、容易につかまらない形に。千田七段もまた上部に逃げ出す姿勢を見せましたが、相入玉になれば稲葉八段の方が駒数が多く、点数差で優ります。

 千田七段は持ち時間6時間を使い切り、一分将棋の中、頑張り続けました。しかし最後は王手龍取りがかかる形となり、深夜1時3分、194手で稲葉八段が勝利を収めています。

 リーグ成績は稲葉八段4勝3敗、千田七段5勝2敗に。稲葉八段が昇級争いに踏みとどまる一方、千田七段は一歩後退しました。その結果、すでに前々日に対局を終えている藤井聡太三冠(6勝1敗)が2番手に浮上しています。

 藤井三冠、千田七段ともに残りはあと5局。まだまだ先の長い戦いが残されています。両者は1月13日に対戦の予定です。

 なお7回戦では佐々木勇気七段(6勝0敗)は空き番のため、成績は変わらず。無敗で依然トップです。

 8回戦一斉対局は11月11日の予定です。藤井三冠の対局は竜王戦七番勝負第4局の日程と重なるため、16日に変更されました。