9月22日。神奈川県秦野市「元湯 陣屋」において第69期王座戦五番勝負第3局▲永瀬拓矢王座(29歳)-△木村一基九段(48歳)戦がおこなわれました。棋譜は公式ページをご覧ください。

 9時に始まった対局は20時16分に終局。結果は131手で永瀬王座の勝ちとなりました。

 五番勝負はこれで永瀬王座の2勝1敗。防衛まであと1勝です。木村九段はカド番に追い込まれました。

 第4局は10月5日、兵庫県神戸市・ホテルオークラ神戸でおこなわれます。

 両者の通算対戦成績は木村4勝、永瀬5勝となりました。

局後のコメント

永瀬王座「最初は均衡が保ててるような気がしたんですけど、徐々に徐々に、形勢がわるくなってしまったような気がします。徐々にわるくなっていった感じがしたんですけど。全体的に自信がない・・・。(よくなったと思ったのは120手目、王手の)△3八飛車に▲4八金が効けば・・・。そういう手が効けばかな、と思いました」

木村九段「お昼過ぎぐらいはまずまず、というか、ちょっといいぐらいには思ってたんですけど。いやあ、そっか・・・。なんか・・・いや、ちょっとよくわかんないですけど。わりと(手数)多く指したような気がします。(ポイントは?)うーん・・・。(46手目)△7一金が自重したかな、というとこと。いや(100手目)△2七歩はなかった(苦笑)。あれはない。いやあ、お恥ずかしい限りです。ちょっとひどかった・・・」

(追記、局後の感想戦で)

木村九段「しかしまあ、敗着はこれ(△2七歩)だな、もう。ちょっと、目を覆うばかりの手だ。ひどいね・・・。そこに手が伸びるかね、って感じだな。玉(早逃げの▲5八玉)との交換じゃキツいっすよね」