9月16日。第29期銀河戦本戦Hブロック10回戦▲行方尚史九段-△佐々木勇気七段戦が放映されました。

 結果は佐々木七段の勝ち。Hブロックで4連勝としました。最終11回戦、佐々木七段は藤井聡太銀河(前期優勝者)と対戦します。

 佐々木七段はすでに決勝トーナメント(ベスト16)への進出を決めています。最終戦の結果次第で、あともう1人の進出者が決まります。

・佐々木七段勝ちの場合

最終勝ち残り者:佐々木勇気七段(5連勝)

最多連勝者:森内俊之九段(1勝)

※佐々木七段以外の最多連勝者の中で最も上位者

・佐々木七段負けの場合

最終勝ち残り者:藤井聡太銀河

最多連勝者:佐々木勇気七段(4連勝)

 藤井銀河から見れば、決勝トーナメントに進むには勝つしかありません。

 藤井銀河は昨年、史上最年少18歳で初優勝を果たしています。

 藤井銀河と佐々木七段は本局以前に公式戦で2回対戦しています。

 2017年には竜王戦本戦で対戦。デビュー以来無敗で29連勝中だった藤井四段を佐々木五段が止めました。

 2020年にはB級2組の開幕1回戦で対戦。藤井七段が佐々木七段に勝ちました。

 最近の非公式戦では、両者は第4回ABEMAトーナメント決勝で対戦しています。