新型コロナウイルス感染拡大のため、三段リーグ開幕延期決定

(記事中の画像作成:筆者)

 4月7日。将棋連盟は第67回(2020年度前期)三段リーグの開幕延期を発表しました。

 今期三段リーグは4月18日に開幕の予定でした。しかし新型コロナウイルス感染拡大が続く現在、多くの奨励会員は不安を抱えていたものと思われます。ネット上では現役三段、三段リーグ経験者、および多くのファンから、延期を求める声が上げられていました。そうした中で、今回の将棋連盟の判断は、妥当なものと言えそうです。

 奨励会には基本的に26歳までに四段に昇段できなければ退会となる「年齢制限」が存在します。例会の中止、三段リーグの延期が現在の奨励会員の不利益とならないよう、適切な措置も同時に講じられることになるのでしょう。

 昨日には名人戦七番勝負の開幕延期も発表されました。

 挑戦者の渡辺明三冠は自身のブログで、名人戦延期、および通常の対局でも当日に延期となる可能性について、次のように語っています。

東京では日を追うごとに状況が悪くなっていましたし、こういうこともあるかなとは思っていました。むしろ、あるかどうか分からない対局に向けては研究のモチベーションが上がっていかなかったです。(中略)

指せるかどうか分からない対局に向けて研究をするというのは簡単なことではないので、かなり難しい状況を迎えたと言えそうです。

出典:「渡辺明ブログ」2020年4月6日

 多くの棋士、女流棋士、そして奨励会員にとっても、身体の健康面、および精神面でも、現在はとても対局に集中できる環境ではないのでしょう。

 この難局で、将棋界が今後どのような方針を取るのか。大局観が問われる局面と言えそうです。