注目は初の女性棋士を目指し前回次点の西山朋佳三段(24)今期三段リーグは4月18日に開幕予定

(記事中の画像作成:筆者)

 3月31日。第67回(2020年度前期)三段リーグの対戦表が発表されました。

 今期三段リーグは31人の俊英が参加して、4月18日に開幕の予定です。基本的には月2回の例会日に2局ずつ、各自が全部で18局を指して、成績上位2人が四段に昇段できます。

画像

 筆頭の順位1位は、奨励会三段の中でただ一人の女性である西山朋佳三段(24歳)です。西山三段は前回、14勝4敗の好成績をあげ、服部慎一郎三段、谷合廣紀三段と同成績に。そして順位の差で次点に終わりました。

 西山三段は今期ももちろん、有力な昇級候補でしょう。前回は順位の差で泣きましたが、今期は同成績で並んだ場合には順位が有利にはたらきます。2回目の次点(成績3位)でも四段昇段(フリークラス入り)の権利を得ます。

 また西山三段は現在、女流三冠の立場で竜王戦6組にも出場中。そこで快進撃を続けています。

 三段リーグ、および二段以下の奨励会の対局は、東京・将棋会館と大阪・関西将棋会館でおこなわれます。

 新型コロナウイルス感染拡大が続く中、将棋界の公式戦は当面続けられる方針のようです。

 奨励会員の皆さんも、不安な心境の中での戦いとなるのでしょうか。未来をになう若者たちに万が一のことがないよう、祈りたいものです。