藤井聡太七段(17)年間勝率8割キープ&王位戦リーグ3連勝なるか? 稲葉陽八段(31)との対局開始

(記事中の画像作成:筆者)

 3月24日。大阪・関西将棋会館において王位戦リーグ紅組▲藤井聡太七段(17歳)-△稲葉陽八段(31歳)戦がおこなわれます。

 2019年度も残りわずか。藤井七段は史上初の3年連続勝率8割を達成するには、本局は負けられません。

 対局室は水無瀬の間。藤井七段はここでよく対局をしています。

 9時36分。稲葉八段が入室。盤から少し座布団を離したところに置いて座りました。

 9時40分。藤井七段が入室。今日は春にしては比較的寒い日で、藤井七段はワイシャツの上にセーターを着ています。

 早めに駒を並べ終え、十数分の時間をおきます。そして10時、両者一礼して、対局が始まりました。

 両者の過去2局の対戦は、いずれも稲葉八段が先手。本局では藤井七段が先手となりました。

 藤井七段はいつも通り、まず茶碗を手にして、お茶を口にします。そして飛車先の歩を伸ばしました。

 戦型は角換わり腰掛銀に進みます。両者ともに経験十分で研究も深い、現代将棋の最先端の進行です。

 43手目、藤井七段は中段に桂を跳ね出しました。稲葉八段は当たりになっている銀を前に進めるか、それとも引くか。稲葉八段は出る順を選びました。

 前例のある進行が続き、56手目、稲葉八段は壁金を直さずに、飛車先の歩を突き捨てました。藤井七段もすぐに応じて、想定の範囲内であることをうかがわせます。

 11時半過ぎ。62手目、稲葉八段は藤井陣に歩を垂らします。これが稲葉八段用意の一手かもしれません。解説の棋士にも、すぐには意味がよくわからない手のようです。この先は藤井七段が考えて、スローペースとなる可能性もありそうです。藤井七段は次の手を指さず、昼食休憩に入りました。

 持ち時間は各4時間。12時から12時40分までの昼食休憩をはさんで、終局はだいたい夜となります。

 昨日は王位戦リーグ3局がおこなわれました。リーグはいよいよクライマックスを迎えつつあります。