映画にもなった異色棋士・瀬川晶司さんが六段に昇段

2018年9月、イベントで将棋を指す瀬川五段(当時):撮影筆者

 2018年11月8日、瀬川晶司五段(48歳)はC級2組順位戦において、大豪の南芳一九段(55歳)を相手に75手で快勝した。瀬川五段はこれでプロ入り通算220勝(190敗、勝率0.537)。五段昇段からは120勝目をあげ、規定により六段昇段を果たした。

 瀬川さんはかつて奨励会に在籍したものの、難関の三段リーグを突破することができずに、26歳の年齢制限で退会。その後は学生、社会人を経て、アマチュア大会で活躍するようになった。

 当時アマだった瀬川さんは、プロ公式戦でも棋士を相手に17勝6敗と、勝率7割を超える異例の好成績を収めた。そして戦後初めて、プロ編入試験受験(六番勝負)を認められ、2005年11月6日に合格。晴れて棋士四段となった。

2005年11月6日、プロ編入試験(六番勝負第5局)に勝利して、棋士四段となった瀬川さん:撮影筆者
2005年11月6日、プロ編入試験(六番勝負第5局)に勝利して、棋士四段となった瀬川さん:撮影筆者

 異色の棋士の六段昇段は、プロ入り13年目の快挙だった。

2005年、編入試験合格後、米長邦雄・将棋連盟会長と握手する瀬川新四段(当時):撮影筆者
2005年、編入試験合格後、米長邦雄・将棋連盟会長と握手する瀬川新四段(当時):撮影筆者

 瀬川新六段の著書『泣き虫しょったんの奇跡』(2006年、講談社刊)はベストセラーとなり、2018年には実写映画も公開されている。

映画のキャッチフレーズは「負けっぱなしじゃ、終われない」:撮影筆者
映画のキャッチフレーズは「負けっぱなしじゃ、終われない」:撮影筆者

 11月8日の対局後、瀬川新六段にコメントをうかがった。

――六段昇段おめでとうございます。対局相手の南芳一九段はタイトル獲得7期、通算800勝以上を誇る大豪です。本日の将棋の内容はいかがでしたか?

瀬川  途中は難しいところもありましたが、攻め始めてからはまずまず上手く指せたかなと思います。南先生とは初めての対局でした。南先生のタイトル戦での対局など、とてもよく覚えているので、教われるのは「嬉しいな」と思っていました。

――プロ入り13年で220勝という歩みについてはいかがでしょうか?

瀬川  うーん、遅いのかどうなのか、わかりませんが・・・。一歩ずつ歩んでこれて、勝ち星昇段というのも自分の足取りというか。積み重ねてきたものが形になるので、嬉しいですよね。

――現在公開中の映画『泣き虫しょったんの奇跡』(豊田利晃監督、松田龍平主演)も話題となっています。

瀬川  とてもいい作品にしていただきました。観ていただいた方たちには、大変好評のようです。

――今後の目標は?

瀬川  竜王戦6組もあと1勝で昇級なので、直近の目標ですね。

――勝ち星規定では七段昇段はこれから150勝です。次の昇段はいつぐらいになりそうですか?

瀬川  今度は(昇級や優勝などの規定を満たして)勝ち星ではなく、と思ってるんですが(笑)。そうですね、早く昇段できるよう頑張りたいと思います。

――ありがとうございました。