連珠の新名人に中山智晴さん

連珠界の最高峰・名人位に就いた中山智晴八段

画像

 2017年12月23日、東京都練馬区の向山庭園でおこなわれた第55期連珠名人戦五番勝負第4局は、115手で満局(引き分け)となった。その結果、対戦成績は中山智晴八段(26)の2勝2分となり、中村茂名人(58)を降して、名人位に就いた。平成生まれとしては、初めての名人となる。

画像

中山智晴新名人談

「とりあえず、ほっとしました。打っている最中はずっと、負けたかと思ってやっていました。(新名人になったという)実感はあまりないです。中村さんがずっと名人で、『若手がいずれ、世代交代しなければいけない』と言われていましたので。挑戦権を取った時には、そのつもりでいました。囲碁や将棋などでは、若手が上がってきているじゃないですか。『じゃあ、連珠はどうなの』という意識はしていました。いま新しいアプリ(五目クエスト)が出たので、スマートフォンでやっています。(第4局の序盤の打ち手が早かったのは)持ち時間が5分とすごく短いので、そのリズムで打ってしまったかなと(笑)世界選手権が直前にあって、ちょっと今のままではダメかな、と思っていました。(タイトルを守る立場となって)そうですね、なるべく、最善を尽くせればいいなと思います」

画像

中村茂前名人談

「(中山新名人は)それはもう、ずっと前から、強いと思っていました。今期は、完封されちゃいましたね。(五番勝負で中村さんが)1勝もできなかったのは、何十年ぶり? (1976年に、当時17歳だった中村名人が3連敗で奪取された14期以来で)じゃあ41年ぶりですか(苦笑)。(中山新名人に望むことは)そうですね、世界戦でがんばって、いい成績を挙げていただきたいと思います。(名人位を失って)そろそろ世代交代をしていただいて・・・(関係者から『そんなこと思ってないよ!』という声に)うん、そうですね(笑)」

画像

岡部寛九段談

「自分より若い名人が誕生したのは初めてです。三十代前半はひとつの勢力なのですが、それより若い名人が誕生したのは、刺激になると思います」

画像

(現地の大盤解説会)