ノート(137) 証人尋問の注意点と情状証人による証言の内容

(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

~裁判編(10)

勾留174日目(続)

【尋問の記録方法】

 弁護側による関係者の供述調書や嘆願書などの朗読が終わり、手続は情状証人の証人尋問に移った。

 すでにお話ししたとおり、情状証人についてはその選定に難渋した結果司法修習の同期で同じクラスでもあった弁護士が引き受けてくれていた。

 ところで、法廷での尋問内容を記録するやり方には、次の4つがある。

(1) 逐語調書

 速記官が作成した速記録や、専門業者が録音から反訳した反訳書を利用するもの。書記官がこれらを証人尋問調書や被告人質問調書に引用して完成させる。

(2) 逐語的記録

 (1)の文字形式と異なり、録音テープなどの記録媒体をそのまま訴訟記録に添付するもの。ただし、裁判所が相当と認め、検察・弁護双方が同意した場合に限られるし、判決確定前に検察側や弁護側から請求があったり、控訴・上告の申立てがあれば、書記官が録音内容を書面に記載する必要がある。

(3) 要領調書

 書記官が公判調書の中に尋問者の尋問と証人の証言を問答形式で記載するが、逐語的なものではなく、尋問も証言もその趣旨にとどまる。

(4) 要旨調書

 (3)をさらに簡易化したもので、問いと答えという形ではなく、端的に証言の要旨のみを書記官が公判調書に記載するもの。ただし、裁判所が相当と認め、検察・弁護双方が同意した場合に限られる。

 裁判員裁判だと自白事件か否かを問わず(1)、それも審理・評決時点ではコンピュータによる声音認識システムの利用が基本だが、通常の裁判の場合、自白事件だと(4)が多い。

 また、その日のうちに判決を言い渡す即決裁判など、裁判官が1人で審理を担当するごく簡単な自白事件であれば、(2)が活用されている。

 一方、否認事件は(1)が多いが、有罪・無罪に関する証人だと(1)、情状証人だと(3)や(4)といった組み合わせもある。

 (1)の速記録と録音反訳は、それぞれの裁判所における速記官の数や、ほかの裁判と日程が重なっているか否かといった事情により使い分けが行われてきた。

 速記録のほうが録音反訳よりも仕上がりが早いし、誤字・脱字が少なく、固有名詞や法律用語などの再現性も高い。

 尋問に立ち会って目の前でやり取りを見聞きし、即座に速記タイプライターで速記する速記官の手によるものだからだ。

 ただ、最高裁が速記官の新規養成を取りやめて久しく、速記官自体の数も漸減していることから、次第に業者による録音反訳が中心となりつつある状況だ。

 僕の裁判の場合、確かに被告人質問は(1)が見込まれたが、否認ではなく全面的な自白事件だったから、情状証人については(3)か(4)になるだろうと考えていた。

 しかし、意外にも情状証人の段階から速記官が入り、証言を速記していた。

 裁判所がこの裁判を重く見ており、控訴や上告まで想定しているからだろうと思われた。

【証人尋問の際の注意点】

――やはり慣れていないな。

 宣誓後、証言台からやや離れた位置で椅子に座った同期の弁護士を見て、率直にそう思った。

 刑事弁護の経験はあっても、自ら証人として証言することなど初めてだったからだ。

 証人尋問では、証人にとってもいくつか注意すべき点がある。

この記事は有料です。
元特捜部主任検事の被疑者ノートの定期購読をお申し込みください。

定期購読キャンペーン実施中!詳しくはこちら

定期購読のお申し込み

商品名

元特捜部主任検事の被疑者ノートサンプル記事

前田恒彦

価格

月額1,100円(初月無料)

月3回程度

15年間の現職中、特捜部に所属すること9年。重要供述を引き出す「割り屋」として数々の著名事件で関係者の取調べを担当し、捜査を取りまとめる主任検事を務めた。のみならず、逆に自ら取調べを受け、訴追され、服役し、証人として証言するといった特異な経験もした。証拠改ざん事件による電撃逮捕から5年。当時連日記載していた日誌に基づき、捜査や刑事裁判、拘置所や刑務所の裏の裏を独自の視点でリアルに示す。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。刑事司法に関する解説や主張を独自の視点で発信中。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    症状があるのに出勤を求められたらどうする? 多様なコロナ問題と法的「対処法」 今野晴貴2/20(木) 4:11
  2. 2
    ヘンリー王子とメーガン妃3月31日王室離脱 王室ブランド使用は禁じられバッキンガム宮殿からも完全追放 木村正人2/20(木) 12:01
  3. 3
    消えたシウマイ弁当4000食どこへ?積み込み当日の昼、英国人男性がふ頭で発見 井出留美2/16(日) 14:21
  4. 4
    新型コロナ報道、米国の実態とズレたのはなぜ? 猪瀬聖2/19(水) 18:32
  5. 5
    新型肺炎蔓延には、谷垣イズムで乗り越えよう 安積明子2/20(木) 17:46
  6. 6
    ダイヤモンド・プリンセスの感染対策は「悲惨」 乗船した専門家、「アフリカの方がマシ」 岡田有花2/19(水) 11:39
  7. 7
    【現地レポート】人がいなくなった中部国際空港(セントレア)。新型コロナウイルス影響でレストランも閑散 鳥海高太朗2/18(火) 10:27
  8. 8
    新型肺炎でリクナビ合説や入学式が中止へ~大学・就職への影響は(修正あり) 石渡嶺司2/20(木) 16:09
  9. 9
    “桜を見る会”で注目される「ANAホテル」と「ホテルニューオータニ」は何が違うのか? 瀧澤信秋2/19(水) 7:34
  10. 10
    感染症対策といえども医師は休めない? 医療現場の状況  山本健人2/18(火) 17:00