ノート(137) 証人尋問の注意点と情状証人による証言の内容

(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

~裁判編(10)

勾留174日目(続)

【尋問の記録方法】

 弁護側による関係者の供述調書や嘆願書などの朗読が終わり、手続は情状証人の証人尋問に移った。

 すでにお話ししたとおり、情状証人についてはその選定に難渋した結果司法修習の同期で同じクラスでもあった弁護士が引き受けてくれていた。

 ところで、法廷での尋問内容を記録するやり方には、次の4つがある。

(1) 逐語調書

 速記官が作成した速記録や、専門業者が録音から反訳した反訳書を利用するもの。書記官がこれらを証人尋問調書や被告人質問調書に引用して完成させる。

(2) 逐語的記録

 (1)の文字形式と異なり、録音テープなどの記録媒体をそのまま訴訟記録に添付するもの。ただし、裁判所が相当と認め、検察・弁護双方が同意した場合に限られるし、判決確定前に検察側や弁護側から請求があったり、控訴・上告の申立てがあれば、書記官が録音内容を書面に記載する必要がある。

(3) 要領調書

 書記官が公判調書の中に尋問者の尋問と証人の証言を問答形式で記載するが、逐語的なものではなく、尋問も証言もその趣旨にとどまる。

(4) 要旨調書

 (3)をさらに簡易化したもので、問いと答えという形ではなく、端的に証言の要旨のみを書記官が公判調書に記載するもの。ただし、裁判所が相当と認め、検察・弁護双方が同意した場合に限られる。

 裁判員裁判だと自白事件か否かを問わず(1)、それも審理・評決時点ではコンピュータによる声音認識システムの利用が基本だが、通常の裁判の場合、自白事件だと(4)が多い。

 また、その日のうちに判決を言い渡す即決裁判など、裁判官が1人で審理を担当するごく簡単な自白事件であれば、(2)が活用されている。

 一方、否認事件は(1)が多いが、有罪・無罪に関する証人だと(1)、情状証人だと(3)や(4)といった組み合わせもある。

 (1)の速記録と録音反訳は、それぞれの裁判所における速記官の数や、ほかの裁判と日程が重なっているか否かといった事情により使い分けが行われてきた。

 速記録のほうが録音反訳よりも仕上がりが早いし、誤字・脱字が少なく、固有名詞や法律用語などの再現性も高い。

 尋問に立ち会って目の前でやり取りを見聞きし、即座に速記タイプライターで速記する速記官の手によるものだからだ。

 ただ、最高裁が速記官の新規養成を取りやめて久しく、速記官自体の数も漸減していることから、次第に業者による録音反訳が中心となりつつある状況だ。

 僕の裁判の場合、確かに被告人質問は(1)が見込まれたが、否認ではなく全面的な自白事件だったから、情状証人については(3)か(4)になるだろうと考えていた。

 しかし、意外にも情状証人の段階から速記官が入り、証言を速記していた。

 裁判所がこの裁判を重く見ており、控訴や上告まで想定しているからだろうと思われた。

【証人尋問の際の注意点】

――やはり慣れていないな。

 宣誓後、証言台からやや離れた位置で椅子に座った同期の弁護士を見て、率直にそう思った。

 刑事弁護の経験はあっても、自ら証人として証言することなど初めてだったからだ。

 証人尋問では、証人にとってもいくつか注意すべき点がある。

この記事は有料です。
元特捜部主任検事の被疑者ノートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

元特捜部主任検事の被疑者ノートのバックナンバー2020年2月サンプル記事

前田恒彦

価格

1,100(記事3本)

2020年2月号の有料記事一覧

すべて見る

15年間の現職中、特捜部に所属すること9年。重要供述を引き出す「割り屋」として数々の著名事件で関係者の取調べを担当し、捜査を取りまとめる主任検事を務めた。のみならず、逆に自ら取調べを受け、訴追され、服役し、証人として証言するといった特異な経験もした。証拠改ざん事件による電撃逮捕から5年。当時連日記載していた日誌に基づき、捜査や刑事裁判、拘置所や刑務所の裏の裏を独自の視点でリアルに示す。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。刑事司法に関する解説や主張を独自の視点で発信中。きき酒師、日本酒品質鑑定士でもある。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    東京都民に知ってほしい 小池百合子の「通信簿」 職員の評価は歴代最低、あの舛添さんより低かった!山口一臣6/26(金) 14:20
  2. 2
    東日本の太平洋側で大雨に警戒も、来週は梅雨明け?饒村曜7/1(水) 5:00
  3. 3
    あおり運転厳罰化、警察が空と陸から挟み撃ち! 『取り締まり』対象10類型と「違反者逃走」という危険柳原三佳6/30(火) 6:11
  4. 4
    【都知事選】残念・小池百合子、覚醒した山本太郎、高評価の宇都宮けんじ―政策レビュー、生存としての環境志葉玲6/29(月) 7:01
  5. 5
    オリンピック中止・延期なら、海の日、スポーツの日、山の日はどうなる?【追記あり】前田恒彦3/24(火) 9:11
  6. 6
    コロナ禍で増える【退職勧奨】にどう対応すればいいのか?佐々木亮6/27(土) 7:00
  7. 7
    【都知事選】「7つのゼロ」だけじゃない 小池知事は27の公約をいくつ実行したか〈上〉楊井人文7/1(水) 12:54
  8. 8
    7月からレジ袋有料化! でも5円払っても袋もらうほうが経済的にはあり?(地味な「ただし」つき)山崎俊輔6/23(火) 11:27
  9. 9
    このままでは、メンタルを病む先生は確実に増える 【行政、学校は教職員を大事にしているのか?(3)】妹尾昌俊6/30(火) 15:14
  10. 10
    香港“陥落” 安倍首相と小池都知事は若者やバンカーを受け入れ、東京をアジア一の金融センターに木村正人7/1(水) 19:32