アップル、視線でコントロールするスマートスピーカーの特許を取得

出典:US10,860,096特許公報

「アップル、ユーザーの視線を捉えて適切に反応するスマートスピーカー技術--特許を取得」というニュースを読みました。

問題の特許番号はUS10,860,096、登録日はつい先日の2020年12月8日、発明の名称は”Device control using gaze information”(視線情報を使用したデバイス制御)です。単なる出願公開ではなく、特許登録(権利化)です。

デバイスの制御方法で、タッチ、音声、ジェスチャーと来れば、次に当然来るのは「視線」や「表情」というのは誰でも思いつくので、新規性・進歩性をどうクリアーしたのかは気になるところです。

審査経過を見ると、出願時点のクレームは、ウェイクワード(”Alexa”、”OK Google”等)ではなく、視線でスマートスピーカーなどのデバイスを起動(アクティベート)するというものだったのですが、さすがにこれは進歩性を否定され、権利範囲を限定することで、特許化に持ち込んでいます。どの程度の限定で収まったのか気になるところです。

クレーム1の内容は以下のとおりです。

この記事は有料です。
栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバー2020年12月サンプル記事

栗原潔

価格

880(記事2本)

2020年12月号の有料記事一覧

すべて見る

日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ