「うどんタクシー」に商標権の効力は及ぶか?

(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

「”うどんタクシー”名称やめて…商標権持つバス会社がタクシー会社提訴」というニュースがありました。

タクシーの運転手の案内で有名うどん店を巡る「うどんタクシー」の商標(栗原注:正しくは「登録商標」)を持つ「琴平バス」(香川県琴平町)が、同じ名称を使われ、商標権を侵害されたとして、「空港タクシー」(高松市)を相手取り、パンフレットやホームページでの名称使用の差し止めなどを求め、地裁に提訴したことがわかった。空港タクシーは「『うどんタクシー』に商標権の効力は及ばない」などと反論している。

琴平バスの「うどんタクシー」の商標登録(登録4789305号)は、有効に存続しており、指定役務(サービス)に「車両による輸送」や「旅行者の案内」を含みます。空港タクシー側は同じ名称を使って、「車両による輸送」や「旅行者の案内」のサービスを提供しているので、商標権を侵害していることは明らかに思えますが、実はそう単純ではありません。

商標法26条には以下の規定があります。

第二十六条 商標権の効力は、次に掲げる商標(他の商標の一部となつているものを含む。)には、及ばない。

(略)

三 当該指定役務若しくはこれに類似する役務の普通名称、提供の場所、質、提供の用に供する物、効能、用途、態様、提供の方法若しくは時期その他の特徴、数量若しくは価格又は当該指定役務に類似する商品の普通名称、産地、販売地、品質、原材料、効能、用途、形状、生産若しくは使用の方法若しくは時期その他の特徴、数量若しくは価格を普通に用いられる方法で表示する商標

つまり、サービスの特性の「そのまんま」を表している場合には商標権は及びません。空港タクシー側の反論「『うどんタクシー』に商標権の効力は及ばない」はこの条文を念頭においているものと思われます。

結局、論点は、タクシーの利用者が「うどんタクシー」という商標を見た時に「うどん」というブランドのタクシーと認識するか(「日の丸タクシー」という商標を見た時に「日の丸」というブランドのタクシーだなと認識するのと同じ)、「うどん店を案内してくれるタクシー」とそのまんまの意味で認識するかという点に帰着します。たとえば、仮に空港タクシー側の名称が「うどん案内タクシー」だったとしたならばほぼ確実に商標権の効力は及ばない(琴平バス側が「うどんタクシー」と類似と主張しても通らない)のですが、「うどんタクシー」だとなかなか微妙なところがあります(自分は香川県に観光に行ったことはないのでこの辺の感覚についてはコメントしにくいです)。

しかし、たとえば、「燕背脂ラーメンタクシー」という名称のタクシーが存在するようで、「<食べ物>+タクシー」というパターン名称が、その食べ物の名店を案内するタクシーサービスを表すという使い方はある程度一般的になっているのかもしれません。

一般的に言って、指定商品やサービスの「そのまんま」に近い商標は一見強力な権利のように見えますが、記述的に過ぎないとして無効にされたり(なお、「うどんタクシー」は登録から5年過ぎているので基本的には無効にできません)、26条により他者の使用に対して権利が及ばない可能性が出てくるので一長一短というところがあります。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。