アップルによる、運転中を検知するスマートウォッチ特許の新規性はどこにあるのか?

米国特許公報10,620,232号

「アップル、運転中ならドライバー向け動作モードに切り替わるスマートウォッチ--特許取得」という記事を読みました。

「ウェアラブルデバイスの装着者が運転中かどうか自動認識し、運転中なら動作モード切り替えする技術」が米国で特許化されたという話です。特許番号は10,620,232号 、登録日は2020年4月14日、発明の名称は"DETECTING CONTROLLERS IN VEHICLES USING WEARABLE DEVICES”、出願日は2016年9月22日です。

スマートフォンにはGPSやモーション・センサーが備わっていますので、ユーザーが移動中であることを検知することは容易ですし、それを使用した応用も数多くあります。スマートウォッチでも同じではないか、どこに新規性があるのかと一瞬思いました(念のため書いておくと、この出願は単に公開されただけではなく、新規性・進歩性の要件をクリアーして特許化されています)。

明細書を読んでわかりましたが、この発明のポイントは、単にスマートウォッチを付けている人が自動車に載っているかではなく、運転者しているかを検知し、適切な設定をするところにあります。つまり、単なる同乗者と運転者を区別して装着者が運転者であった場合のみに、動作モードの切り替えを行なうことになります。

この記事は有料です。
栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバー2020年4月サンプル記事

栗原潔

価格

880(記事3本)

2020年4月号の有料記事一覧

すべて見る

日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ