ヘンリー王子、メーガン妃がSUSSEX ROYAL商標登録出願を取り下げ

出典:英国知的財産庁ウェブサイト

英王室が、王室離脱するヘンリー王子夫妻に対して、王室の一員であることを表わすSUSSEX ROYAL等の商標の使用を許可しなかったことは周知かと思います(参考記事)。その動きに合わせて王子夫妻の財産管理団体であるSussex Royal The Foundation Of The Duke And Duchess Of Sussexが英国知的財産庁に出願していた商標登録出願SUSSEX ROYAL(UK00003408516)、および、SUSSEX ROYAL THE FOUNDATION OF THE DUKE AND DUCHESS OF SUSSEX(UK00003408521)が2月25日付けで自発的に取り下げになっていました。また、この出願を基礎とした国際商標出願(マドリッド・プロトコル出願)が、オーストラリア、欧州連合、カナダ、米国を指定して出願されていましたが、基礎出願の取り下げに伴い、各国への出願も自動的に取り下げになります(これは、マドリッド・プロトコルの規定によります)。

権利化を望まないだけであれば、登録料を払わない、ないし、知的財産庁からの要求に応答しなければよいのですが、自発的権利放棄を行なうことで、王室との良好な関係を維持したいということかと思います。

上記の参考記事によると、

夫妻は声明のなかで、「女王は英国以外での言葉の使用を禁止する“権限を持たないが”…」と述べ、王室の決定に疑問を持っていることをうかがわせている。

とのことです。確かに商標制度は基本的に各国で独立していますので、たとえば、日本でSUSSEX ROYALを使用することに対して英王室が商標権的な権利を行使することは困難です。しかし、英王室は、別に国の制度に頼るまでもなく「世界のどこでもSUSSEX ROYALの名前を使ったら仕送りを止める」と言えば済む話なのであまり意味のある主張ではないと思います(要は法律がどーしたこーしたの話ではなく、王室と夫妻との力関係の問題です)。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ