JASRACに怒られずにブログに歌詞を掲載する方法

(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

「"ゴールデンボンバー"鬼龍院翔、楽曲&歌詞の無断使用を容認へ "何にだって大いに使って頂きたい"」というニュースがありました。

鬼龍院さん名義の楽曲、歌詞について、「何にだって大いに使って頂きたいです」「SNSに全文を載せても良いです」など楽曲の宣伝になるような形での無断使用、無断転載を認める方針を明らかにしました。

著作権とは本来的に使っていいか悪いかを権利者が決定できる権利なので、権利者が自由に使ってもらった方が良いと思えばこのような動きを取るのは当然のことでしょう。

さて、上記記事中では「自身の歌詞をネットで探す際に、バンドへの配慮から歌詞全文の転載を控えていたファンを発見したこと」が今回の動きのきっかけだったと書かれています。この転載先がどこなのかはわかりませんが、実は現在でも、アメブロ、Yahooブログ、ライブドアブログ、楽天ブログ等のJASRACと包括契約している大手ブログサービスであれば、JASRAC管理楽曲の歌詞を掲載することは可能です。著作権法上の引用の要件は不要なので、全部掲載でも問題ありません。ユーザーとしては料金支払い不要です(ブログサービス事業者が所定の料金をJASRACに支払ってくれます)。対象サービスのリストがJASRACのウェブサイトに載っています。ただし、商用利用や歌詞データベースの様な利用形態は禁止になっています。

鬼龍院さんの楽曲は、ブログ掲載(配信権)についてはJASRACではなくNexToneの管理ですし、大手ブログサービスに限らずSNS等での歌詞掲載OKという話なので対象がもっと広いですが、現状でも、JASRACと契約している大手ブログサービスであれば、JASRAC管理楽曲の歌詞を全文掲載しても問題ないという点は意外と知られていないようなので、この機会にご紹介してみました。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。