特許庁が「ブラック・サバス」は日本では著名ではないと判断

(写真:Splash/アフロ)

ちょっと前に、英国のヘビメタバンド、ブラック・サバスのメンバーを請求人とする拒絶査定不服審判がありました(特許情報プラットフォームの審決公報DBメニューに審決番号2017-650015を入力すると審決文を参照できます)。

これは、「BLACK SABBATH」という商標登録出願(マドリッドプロトコル国際登録経由)が、商標法4条1項8号違反で拒絶されていたのに対して、出願人であるブラック・サバスのメンバーが不服を申立てた審判です(他にも論点はありますが、補正により解消したので説明省略)。

商標法4条1項8号 他人の肖像又は他人の氏名若しくは名称若しくは著名な雅号、芸名若しくは筆名若しくはこれらの著名な略称を含む商標(その他人の承諾を得ているものを除く。)

特許庁のもともとの拒絶理由は、

本願商標は,イギリスのヘビーメタルバンドを表すところ,同バンドは3名で構成されているものの,出願人は,そのうち2名の同意書を提出するのみで,残る1名の承諾書を提出していないため,グループ全員の同意を得たものとはいえない。したがって,本願商標は,商標法第4条第1項第8号に該当する。

ということでした。出願人が、Anthony Frank Iommi(トニー・アイオミ)とJohn Michael Osbourne(オジー・オズボーン)なのでビル・ワードギーザー・バトラーの承諾書が得られていないということでしょう。サインひとつもらえば済む話なのですが、何かもらえない事情があったのでしょうか?

さて、結果的にこの審決により、無事商標登録は認められたのですが、その理由はちょっと衝撃的でした。

原審が拒絶理由で示した証拠及び当審の職権調査によれば,該文字は,1970年に英国でデビューしたヘビーメタルバンドのバンド名であり,日本においても当該バンドの音楽CDが販売されている事実はうかがえるとしても,このバンド名が我が国において広く知られていることを認めるに足りる証拠は見出すことはできない。

したがって,本願商標は,他人の著名なバンド名を含む商標とはいえず,商標法第4条第1項第8号に該当しない。

ということです。要するに、ブラック・サバスは日本では著名でないので、4条1項8号の「著名な芸名」にあたらない(ゆえに、登録を認める)というものです。結果的には商標登録が認められたわけですが、ブラック・サバス側としては喜んでいいやら悲しんでいいやらという感じではと思います。ただ、実際のところ、商標法における「著名」のハードルは結構高いので、音楽ファン以外にも広く知られているかという観点で言えばしょうがないかなという感じもします。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    松尾雄治氏、ラグビー「ONE TEAM」が流行語大賞受賞も「MVPはいない」と語るワケ 中西正男12/4(水) 12:18
  2. 2
    今期も快走!『ドクターX』の「失敗しない」進化とは!? 碓井広義12/5(木) 0:10
  3. 3
    藤井聡太七段(17)7勝0敗でC級1組順位戦単独トップ 難敵の船江恒平六段(32)に勝利 松本博文12/4(水) 5:14
  4. 4
    田村淳の告白。相方・亮への思い、「ロンドンブーツ1号2号」の今後と新会社設立の理由 中西正男12/2(月) 10:00
  5. 5
    槇原敬之 その“ボーカリスト”としての魅力に、多くのアーティストも魅了されるカバー集がロングヒットに 田中久勝12/4(水) 18:00
  6. 6
    西山朋佳(24)女流王座戦五番勝負を制して女流三冠に 里見香奈(27)は四冠に後退 松本博文12/4(水) 19:49
  7. 7
    将棋で左利きの人は駒台を左に置いてもいいのか? 松本博文12/5(木) 21:44
  8. 8
    元KARAのク・ハラを苦しめ追い詰めた「悪プル」とは。再燃する実名制問題 慎武宏11/29(金) 7:00
  9. 9
    アラサー女性の自己革命から浮かぶ現代社会の生きづらさ。<フランス映画祭2019>より(3) 水上賢治12/4(水) 20:31
  10. 10
    さんま×桑田佳祐&ユーミンによる伝説的音楽番組『メリー・クリスマス・ショー』がもたらしたもの てれびのスキマ12/2(月) 20:09