ジョブズは「われわれは違法ダウンロードを訴えない」と言ったのか?

(写真:ロイター/アフロ)

非公式漫画閲覧サイト「漫画村」が社会問題化しています(参考記事)。その法的問題は別途検討するとして、「漫画村」の是非に関する議論においてネット掲示板等でたまに聞かれる「公式も無料にして対抗すべき」という意見について考えてみようと思います。

発言者が意識して言っているかどうかはわかりませんが、これで思い出すのは、スティーブ・ジョブズが言ったとされる「われわれは違法ダウンロードを訴えずにそれと競争する。」という趣旨の発言です。

こういう発言をしたという記憶はあるのですが、ジョブズ名言集のようなサイトでもアイザックソンのジョブズ本でもこの発言に相当するものが見つからない(違法ファイル共有と競争しなければならないとは言ってますが訴えないとは言ってません)ので、これって本当にジョブズが言った言葉なのかという疑いがありました(一般に「誰それの名言」と言われている言葉を実はその人は言ってなかったというのはよくある話です)。この機会にちゃんと調べてみました。

Wikipedia日本版のiTunes Storeの項目には

(iTunes StoreのWindows版の)発表に当たり、当時のアップルのCEOであるスティーブ・ジョブズは「我々は違法ダウンロードと戦う。訴えるつもりも、無視するつもりもない。競争するつもりだ」と発言し[2]、実際にP2Pによる違法ダウンロードに匹敵する人気を持つサービスとなった。

との記載があり、その引用元であるWired日本語版の記事(アップル、ウィンドウズ向け『iTunes』を発表)にも確かに同じ記載がありますが、これの原文であるWired英語版記事はリンク切れになっています。

Wayback Machine等を駆使してWiredの元記事を探すとURLは変わっていましたが、確かにその記事には、

"We're going to fight illegal downloading by competing with it," said Jobs. "We're not going to sue it. We're not going to ignore it. We're going to compete with it."

との記載があります。ジョブズが「違法ダウンロードを訴えない」と発言したことは確かのようです。

ただし、"We're going to fight illegal downloading by competing with it"でグーグル検索しても59件しかヒットせず、この発言が「なかったことにされている」ことが疑われます(最初になかなか見つけられなかったこともうなずけます)。

ジョブズの真意としては「公式サイトが利便性や価格で努力することなく、ただ、法的措置に訴えるだけではユーザーは離れていくぞ」ということであり(そしてそれが正しかったことはiTunes Storeの成功により証明されました)、それをちょっと極端な物言いで言ったのだと思いますが、さすがに「訴えない」というのは誤解を招く(iTunes Storeのデッドコピーサイトを作ったらアップルは全力で訴えてくるでしょう)ので、なかったことにされているのではないかと推測しています。